誘惑のルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

誘惑のルール
著作:藤田和子 
原作:アマンダ・ブラウニング
満足度:★★★★☆

<誘惑のルールのあらすじ>
許さないわよ、最低男――! 親友を中傷する記事に腹をたてたキャリーは、抗議のため単身新聞社へと乗りこんだ。しかし目的の彼――ハッとするほどすばらしい、グレーの瞳の持ち主――は、キャリーの怒りをものともせず、飄々としたからかい半分の態度で彼女をあしらう。ののしりあいながらも、なぜか特別な感情を抱いてしまうふたりだが、キャリーは悲しい過去の傷から愛することに臆病になっていて!? 生まれつつある新たな愛に、気づかないふりはもうできない…。


<誘惑のルールの感想>
ヒーローはヒロインと会って、あっといまにヒロインと結婚することを決めます。
その後の行動もすごいです、ヒーローはヒロインに躊躇なくアタックしていきます。

ヒロインも心は動かされていきますが、過去の旦那さんを亡くした件から、いまだ心が立ち直っていないというのでしょうか、臆病になってしまっています。
そして、ヒーローを拒否。

話し合いたいために、ヒーローは名をかくしてヒロインに仕事を依頼。ヒーローの牧場で一緒にすごすことに。
ストレートにアタックしていくヒーローですが、全然、傲慢ではなく、好感度がたかいです。
少し強引なところもありますが、ヒロインの気持ちの変化を気長に待つ優しさも。

少し残念なのが、ヒロインが過去のトラウマを克服するシーンがわりとあっさりだった事かな。
逆に、ドロドロした感じとか、悲壮感があまりなく、さわやかな話になってます。

▼デジコミ、立ち読みなら、誘惑のルール
▼電子貸本、立ち読みなら、誘惑のルール
▼漫画本なら、誘惑のルール (ハーレクインコミックス・キララ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*