誘惑の誤算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

誘惑の誤算
著作:狩野真央
原作:リズ・フィールディング
シリーズ:役員室の恋人たち(落札されたキス甘い降伏 、誘惑の誤算)
満足度:★★★★☆

<誘惑の誤算 のあらすじ>
老舗百貨店を巡り、対立する二つの名家。社長であるインディアを“密着調査”するのは、ファラディ帝国会長のジョーダン。 仕事に情熱を捧げる彼女にとって、絶対に百貨店は渡せない。しかし、カリスマ性と指導力を持つ彼の甘い魅力は抗いがたく・・・。「彼の目的は百貨店だけ。でも、私が一番大切なものは・・・?」。 気持ちを証明するために彼女が選んだ方法とは・・・!?


<誘惑の誤算 の感想>
役員室の恋人たち というシリーズの3作目。百貨店の経営権をめぐり対決している2つの名家。ついに、最後の対決に。

現経営者のヒロインは、子どものころからモデルとして、広告にでたりと、学生のときにはフロアでバイトしたりと、店を大事に思ってきました。
そのため、経営権を求めるヒーローに、すっごい反発を!!

ヒーローの方が最初から、ヒロインをデートに誘ったりと、「おいおい!!経営のために来たんじゃないんかい!」と、突っ込みたくなるくらい、積極的にヒロインにアタックしてます。

このヒロインが、本当に素敵!ヒーローへの気持ちを証明するため、あれだけ大事に思っていた店を手放す覚悟を。
が、ヒーローの方は・・・・。
「本当に馬鹿男!!」な行動をとるヒーローです。
ヒロインがかわいそうで・・・。

途中でヒーローのと乳母がナイスで、ヒーローの本質をつき、アドバイスしてました。
「好きな女の子をいじめていいのは、子どものときだけ」。
まさに、この言葉のとおりのストーリーでした。そう、ちょっとお子様ヒーロー。でもこのためか、ヒロインのけなげさがよけい際立ってました。

▼デジコミ、立ち読みなら誘惑の誤算
▼電子貸本、立ち読みなら誘惑の誤算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*