夜色の愛につつまれて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

夜色の愛につつまれて
著作:岸田 黎子
原作:リサ・クレイパス
満足度:★★★★☆
スピンオフ:冬空に舞う堕天使と

<夜色の愛につつまれてのあらすじ>
ロンドンで若い男性を探すとしたら…。それも自暴自棄になっているアル中を探す
としたら、ここしかない! 兄を探して紳士クラブ・ジェナーズに乗り込んだアメリアが出会った、金の瞳の青年。セントヴィンセント卿の片腕である彼・キャムは、実は「幸運の呪い」に付きまとわれる大富豪。彼は人生の全てを家族のために捧げると決めたアメリアに熱い求愛を…!?


<夜色の愛につつまれての感想>
壁の花シリーズの3作目「冬空に舞う堕天使と」のスポンオフです。「冬空に舞う堕天使と」で登場していた時から彼がヒーローになる話を楽しみにしていました。
そして、ついに今回、彼がヒーローになって登場。

ヒロインは紳士クラブ・ジェナーズに兄を捜しに来まて、支配人のヒーローに出会います。
さらには、ヒロインの窮地をヒーローが助けます。

ヒロインの兄が子爵家をつぎ、そこに引っ越します。
が、そのお隣が「冬空に舞う堕天使と」のヒーロー達で、お客として滞在しているヒーローとも再会。
トラブルを抱えるヒロインにヒーローが何かと助けてあげて・・・・と話が進んでいきます。

今回、「冬空に舞う堕天使と」時の考えていたヒーローとはちょっとキャラが違うような。いや、話の途中からヒロインへの愛が目覚めたせいなのか、どんどんキャラが変わる、いや、成長していった気が。
そして、実はなかなか面白キャラになってました。彼は「幸運の呪い」に付きまとわれていて、お金をすてるように投資しているのに、なぜか何倍にもなって帰ってきて、気付けば大富豪。
そんな呪いあったら、嬉しいのに。

そして、今回、「冬空に舞う堕天使と」のヒーローとヒロインも登場し、幸せな姿を見れたのは嬉しい!シリーズの中で、一番好きなカップルなので。
特にあの放蕩者だったヒーローの成長した姿はね。そうそう今回のヒロインとヒーローのケンカに巻き込まれ、ヒロインがいろいろ女性関係のあったヒーローを責めるとこに立ち会ってしまった「冬空に舞う堕天使と」のヒーロー。放蕩者だっただけに、一緒になって責められ、あまり反論できずにいる姿には大爆笑です。

面白かったんですが、ヒーローの活躍、姿に目が行き、なんかヒロインの影がとても薄かったのが、残念でした。
ヒーローの個性が強すぎたのかも。

▼漫画本なら、夜色の愛につつまれて (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*