やさしい涙:はしもと榊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

やさしい涙
著作:はしもと榊
原作:アビゲイル・ゴードン
満足度:★★★☆☆

<やさしい涙のあらすじ>
彼女は僕の人生の光だ――戦地からボロボロになって帰還した外科医のリーアム、彼の人生に突如飛びこんできたのは、同じ小児病棟で働く美しい赤毛の女性、セラフィーナだった。感情豊かで自信に満ちた彼女にリーアムは魅せられるが、孤独に慣れすぎた彼にとって、愛情あふれる家庭に育った彼女の姿は眩しすぎて!?一方セラフィーナは、惹かれあっているにもかかわらず、冷たく自分を拒絶する彼の態度に戸惑いを隠せない。教えてほしい、あなたの目に宿る悲しみのわけを。


<やさしい涙 の感想>
医者のヒロインは、心やさしく、泣き虫。
そのヒロインが、ロンドンの病院で働くことになり、そこで出会ったのがヒーロー。
ヒーローは、自ら志願して戦地で医療活動を行っていました。そこから、帰ってきたばかりで、なんとなく影があります。

ヒーローにひかれるヒロインですが、過去のことから自分だけが幸せにはなれないと、ヒロインを拒絶するヒーロー。
ヒロインをみてると癒されてしまうそう。
そして、ある出来事が起きるのですが、ヒーローが過去をのりこえる方法にちょっとびっくりです。

また、ヒーローの大学同期で、同じ病棟に勤務する女医さんがいます。彼女もつらい過去があり、いろいろとヒロインにつらくあたります。つらくといっても、いやがらせではなく、あまりにも真摯に医者を勤めているために、他人にも厳しくなってしまっているというもの。
そんな彼女のことも、ヒロインが癒していきます。
最後のほうで、医療行為以外の小さなことを認めるあたりは、ホロッときちゃいました。

ただ、ヒロインの考え方が医者としてどうなのかと思ってしまうことも・・・。私だったら、彼女に診て欲しくないかも。

▼デジコミ、立ち読みならやさしい涙
▼電子貸本、立ち読みならやさしい涙
▼漫画本ならやさしい涙 (HQ comics ハ 5-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*