裏切りの花束:藤田和子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

裏切りの花束
著者:藤田和子
原作者:エマ・ダーシー
満足度:★★★☆☆

<裏切りの花束のあらすじ>

秘書ケイトリンはボスのデーヴィッドと、上司と部下であると同時に恋人同士だった。出会いは4か月前。やり手な上に魅力あふれる彼にケイトリンはまたたく間に夢中になった。しかし彼が彼女に求めていたのは、あと腐れのないひと時の甘い情事だけ。ふたりの間の距離は永遠に縮まることはないのだ。「彼にとって私は有能な秘書と欲望のはけ口でしかないの――?」このままではこの関係に未来はない。ケイトリンは一縷の望みを託してある賭けに出るが…!?



<裏切りの花束の感想>
ヒロインはヒーローと社内恋愛ですが、夜会って朝にはヒーローはきっちりと時間通りに帰って行きます。
恋人関係というよりもただの情事。
バレンタインの朝に、わがままをいうヒロインですが、あっさりとヒーローにはかわされてしまいます。

そして、出勤するヒロインのもとに、花束が(バレンタインなので)。ヒーローかとは思うのですが、違うよう。
クールに振舞っていますが、気にするヒーローがいい!!

ヒロインの母親から父親が出て行ったという電話がかかってきてしまい、このことで仕事に影響が出てしまいます。
きっちりとヒロインは仕事の挽回をします。が、ヒーローとの関係などから仕事を辞めることに。

辞めるというヒロインを素直に追っかけていくヒーロー。
そして、ヒロインのご両親の問題も解決するよう手を貸します。
朝の冷たい態度はなんだったのかと思うくらい、ヒロインの大切さに気づくヒーローなんですよ。なんかあっさり!

さらに、いろいろと人々の思惑があり、一騒動あります。
この時のヒーロー行動も良いの。もちろんヒロインを疑ったりとかするんですが、その後が誠実?実直?かな。
辞表をだしたヒロインのこともすぐ追っかけ、大事だと認識するのも早かったし、ある意味、あまりハーレークイーンにはいないタイプかも・・・。

ご両親のお話も素敵で、全体的にちょっと心あたたまる感じ。ただ、ヒーローが女性とは情事だけという理由だけがちょっと切なかったです。

▼デジコミ・立ち読みならebookjapan→裏切りの花束
▼電子貸本・立ち読みならRenta→裏切りの花束
▼電子書籍ならKindle(アマゾン)→裏切りの花束 (ハーレクインコミックス)
▼電子書籍なら楽天kobo→裏切りの花束【電子書籍】[ 藤田和子 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*