ときめきの初舞台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ときめきの初舞台
著者:鈴木淳子
原作者:トレイシー・シンクレア
満足度:★★★☆☆

<ときめきの初舞台 のあらすじ>
ブロードウェイの舞台を夢見る女優のたまご・ケリー。 オーディション結果が出るまでの間、家政婦の仕事を探すが、若さと美貌から決まらない。そこでケリーは変装で中年女性を演じることに! そのかいあってプレイボーイの人気弁護士・アダムに雇われたケリー。だがハンサムでセクシーなかれに心惹かれてしまい…!?


<ときめきの初舞台 の感想>
なんか面接の時からヒーローが自分に興味がないからか、むっとし、出すぎた口を聞いてしまうヒロイン。
さらには、ヒーローのデートをぶち壊し、勝手にヒーローの家に泊まることに。
これでヒロインが若い女性だとばれてしまうのですが・・・・。

本来のヒロインに戻ったとたん、ヒロインに興味心身のヒーロー。
なんかねぇー、って感じです。
ヒロイン、ヒーローのこういう態度にちょっとと思いつつデートに応じるんですよね。
そして、ヒーローの後押しで女優としての仕事をもらることになります。

が、その後のヒロインのヒーローに対する態度も勝手に思い込み、捨てられることを想定に行動。
ちょっとひどい態度とってます。
なんか2人の態度が悪く、というかイマイチで、設定は面白いのに、話はイマイチになってまってました

▼デジコミ、立ち読みなら、ときめきの初舞台
▼電子貸本、立ち読みなら、ときめきの初舞台
▼漫画本なら、ときめきの初舞台 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*