スルタンの薔薇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スルタンの薔薇
著作:小林博美 
原作:アレキサンドラ・セラーズ
シリーズ:砂漠の王子たち(シークの人質孤独なシーク恋するシーク略奪された花嫁暗闇のシークシークのたくらみ
ミニシリーズ;消えた薔薇(スルタンの後継ぎスルタンと踊り子、スルタンの薔薇)
満足度;★★★★☆

スルタンの薔薇のあらすじ
チャリティーオークションの商品として”売られる”ことになった女優ダナを、周囲に有無を言わせないほどの高値で”買った”謎の男アシュラフ。戸惑うダナに、彼は情熱的な口づけだけを残して、何事もなかったかのように去っていった。その瞬間から、ダナは”消えた薔薇”をめぐる最後の戦いに巻き込まれていく!!


スルタンの薔薇の感想
この「スルタンの薔薇」は、シリーズ「砂漠の王子たち」の中のミニシリーズ「消えた薔薇」の三作目になります。

今回のヒーローは『スルタンと踊り子』のヒーロー兄で、幻の王国バジェスタの第一王位継承者。
ミニシリーズの1、2作で、「パジェスタン」を復興するよう努力してきましたが、今回の話で、その復興話が大詰めを迎えます。

ヒロインは女優で、バジェスタン人とのハーフ。父親は、バジェスタンでは英雄扱いされるほどの男性です。
こういうヒーローの国に関係している女性がヒロインとなり、ヒーローの相手になるのは良いですね。なんか普通にアメリカとかの女性がヒロインになるより、説得力があるかも。

さて、ヒロインは女優で、チャリティオークションでヒーローと出会います。そこでの2人のことが、新聞にのり、ヒロインはバジェスタンの陰謀の中に巻き込まれていきます。
が、ヒロインはさすが英雄の娘!という働きをしますね。
だけど、やっぱりこのヒロインも女性がベールをかぶることを否定。
最後には、男女同権になっていて・・・・。ついついこういうのは入ると、気がそがれてしまうんですよねぇ。ちょっと苦手。
ヒロイン父のことなどもうまく組み込まれていて、上のことさえなければ、本当に良い話で、星5つだったのに!!

▼漫画本ならスルタンの薔薇―砂漠の王子たち消えた薔薇3 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)
▼デジコミ、立ち読みならスルタンの薔薇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*