シークは恋の都で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

シークは恋の都で
著者:真崎 春望
関連作:シーク三部作(シークに恋の花束を、シークは恋の都で、シークと恋の舞台へ)
満足度:★★★★☆

<シークは恋の都でのあらすじ>
パリの市場で古着をリフォームしているデザイナーのニコル。彼女は友人にデザイン作品を盗用されて以来、心をかたく閉ざしている。ある日、彼女は老舗ブランド「サンピエール」の後継者に選ばれる! その発表パーティで思わぬ危機を迎えるが、ファッション業界で華やかに活躍するシーク・ラーシドに手をさしのべられ!?


<シークは恋の都での感想>
真崎春望先生の東北関東大震災被災地チャリティーでご紹介したように、4月30日まで、電子貸本レンタで、真崎 春望のチャリティーが行われています。
ということで、私も参加しようと、「シークは恋の都で」を読みました。

こちらの作品は原作がない、真崎春望先生のオリジナルになっています。原作なしでも変わらないですし、逆に原作のあっちこっちをカットしてという作品よりも、もともと漫画のために考えられた話しなので、展開に無理がなかったかもしれません。

話のほうは、パリの市場で服をデザインし売っているヒロインと、偶然出会ったヒーロー。ヒーローはヒロインの才能を認め、ビジネスを持ちかけます。
が、ある理由からヒロインは頑なにビジネス化することを拒否します。

あきらめきれないヒーローは、ヒロインをデートをディナーに誘ったりとあの手この手を使うわけで。あきられめきれないのが、才能?ヒロイン自身なのか。
徐々にヒロインの事情が分かってきます。
あることから、ビジネスも怖さや人を愛することに臆病になってしまっているヒロイン。相手はシークのヒーローですが、全然、強引には行きません。
傲慢でもなく、ヒロインのことを考え、行動する素敵ヒーローでした。
特にヒロインのために、一歩引こうとするヒーローの姿は、あまりロマンス漫画では見れないでしょうか。

それとおじさんがでてきて、いろいろとヒーローを助けるのです。それも、すごい手段だったりと。
このおじさんが素敵過ぎて。ぜひ、彼がヒーローのお話を読みたい。

▼チャリティーに参加するなら(電子貸本レンタ)、シークは恋の都で
▼漫画本なら、シークは恋の都で (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*