幸福の幻影:三浦浩子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

幸福の幻影
著作:三浦浩子
原作:ケイ・ソープ
満足度:★★★☆☆

<幸福の幻影のあらすじ>
ローレンは16歳の時に、たった一度のあやまちで生まれたわが子と引き離された。 養子先の屋敷をやっとつきとめた彼女は、真実をふせたまま、娘ケリーの世話係としての職を得る。屋敷の主ブラッドはイギリス屈指の実業家で魅力的な男性。本当のことは話せない・・・! しかし、ブラッドにひかれていく心をとめられなくて!?


<幸福の幻影の感想>
ヒロインは養子にだしてしまった娘を見に、近くまで来ます。そこで、ナニーを募集しているときき、応募。
夏の間、ナニーとして、娘の世話をできることになります。
もちろん自分が母親であることは秘密。娘のために、屋敷にいるヒロインですが、ヒーローにも惹かれていきます。そして、ヒーローの方もヒロインに惹かれていき・・・。

とんとん拍子にヒーローとヒロインの恋が進みますし、ヒロインと娘の関係も。
あまりにも問題も少ないので、これからどうなるのもしかして、波乱もなくて終わる、ヒロインの秘密はどうやってばれるの、ばれても問題なしで終わってしまいそう、なんていう変な心配をしてしまいました。
もちろんヒロインの秘密がバレ、波乱になるわけですが。でも、その解決はちょっと、イマイチでした。

▼デジコミ、立ち読みなら幸福の幻影
▼電子貸本、立ち読みなら幸福の幻影
▼漫画本なら幸福の幻影 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*