精霊の花嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

精霊の花嫁 全2巻
著作:真崎春望 
原作:マーゴ・マグワイア
満足度:★★★★☆

<精霊の花嫁のあらすじ>
15世紀イングランド、不思議な予知能力を持つキーリンは氏族の象徴である聖なる槍を守るため、伯父とともに故郷を遠く離れていた。旅の途中、ケルト人に襲われて父を亡くしたレクストン伯爵マーカスが、ケガ人をともなって現れる。献身的に看病するキーリン。二人の出会いが、大きな運命の歯車を動かすとも知らずに・・・!


<精霊の花嫁の感想>
ヒロインはアイルランドのある一族の運命の乙女。予知能力があり、聖なる槍を守り、ともに生きる運命にあります。
父をケルト人に襲われて亡くし、その後は囮となり、槍をもって、目の見えぬ叔父とイングランドに逃げてきます。

ヒロインの敵にヒーローの一族が襲われ、ヒーローは父を亡くしてしまいます。そして、ヒロインのいる小屋にけが人を運んだことで2人は出会います。

いつもは、自分が槍を守り、一族の者を守る立場のヒロインを、ヒーローが初めて、守ってくれます。
ヒーローは自分の定めがあり、ヒーローに惹かれながらも使命の遂行のみを考えようとします。

ヒーローは女性がどちらかというと苦手。ですが、ヒロインには自然と接することができ、ヒロインを守ってやりたいと。
そして、運命ごと受け入れたいと思いますし、気長にヒロインを待つ気があるという、とっても男らしいヒーローです。

そして、やっぱり全2巻はいいですね。お財布にはきついですが、読んでいてヒロインの感情やエピソードなどもたくさんはりいりますので、わかりやすい。
今回も、ヒーローの城に滞在するヒロインには、意外な敵もいてと・・・・と言う風に話が盛りだくさんですが、全2巻なので、あまり詰め込んだ感じはしませんでした。

▼デジコミ、立ち読みなら精霊の花嫁 (1)精霊の花嫁 (2)
▼電子貸本、立ち読みなら精霊の花嫁
▼漫画本なら精霊の花嫁 前編 (1) (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)精霊の花嫁 後編 (3) (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*