略奪された花嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

略奪された花嫁
著作:星合操
原作:アレキサンドラ・セラーズ
シリーズ:砂漠の王子たち(シークの人質孤独なシーク恋するシーク、略奪された花嫁、暗闇のシークシークのたくらみスルタンの後継ぎスルタンと踊り子スルタンの薔薇
満足度:★★★★☆

略奪された花嫁のあらすじ
アリナーは、外交官・ガブリエルと結婚しようとしていた。ある「過去」から逃れるかのように。
だが、まさに結婚の誓いを立てようとしたそのときに、静寂を力強い男の声が破った。 「この結婚に異議を申し立てる」 忘れもしないその声は、バルバン王国の皇太子―アリナーの夫・カビアンのものだった。
「なぜあなたがここに・・・!? あなたは私を“離縁”したのではないの?」

しかし、カビアンは有無を言わせずアリナーを教会からさらってしまって!?


略奪された花嫁の感想
略奪された花嫁は、砂漠の王子たちシリーズの4作目になります。
今回は、1作目~3作目の舞台だったバラカット首長国の隣の国であるパルバン王国での話で、直接、前の3作とは関係がありません。

今回のお話は、ハーレクインンコミックとは思えないくらい、重い話でした。
ヒーローが大学留学中にヒロインと結婚。戦争が起きそうになり、ヒーローは国も戻ることに。そして、ヒロインにプロポーズします。
ヒロインはプロポーズを受け、ヒーローとともに国に行きます。
が、戦争中でも幸せな生活を送れると思いきや、徐々に2人はすれ違っていきます。

ある事情で別離となるわけですが、この理由がせつない。
戦争が、そして、戦争によって引き起こされた人間の感情が、2人を引き裂いてしまいます。
誰が悪いというか、戦争のせいでそうなってしまったとしかいいようがないです。

が、一度は離れた国に戻ったヒロインは、今度は、強く生きていこうとします。

全体的に、すごいせつない話です。

▼漫画本なら略奪された花嫁―砂漠の王子たち (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)
▼デジコミ、立ち読みなら略奪された花嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*