プリンセスはひとりぼっち :月瀬瞳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プリンセスはひとりぼっち
著作:月瀬瞳 
原作:マリオン・レノックス
満足度:★☆☆☆☆

<プリンセスはひとりぼっちのあらすじ>
今さら祖国に戻ってプリンスと結婚しろですって!? プリンセスの地位を追われて15年、未亡人として平凡に生きてきたローズを、その申し出は困惑させた。だけど、考えてみて。このまま義理の父母に人生をコントロールされながら、亡き夫の亡霊に縛られて一生をおくるのが本当に正しいと言えるのかしら? 期間限定の契約結婚――これは私が自由になる最後のチャンスかもしれない。ローズは赤いドレスとハイヒールを身にまとい、陰謀うずまく大公家に飛びこんだ!


<プリンセスはひとりぼっちの感想>
ヒロインはある国の大公家の孫娘。事情があり母とともに国をでます。
その後は一般の市民として生き、未亡人に。
そこへ、国が大変なことになっていて、ヒロインの力を借りたいという使いが・・・。

いとこのヒーローとともに国に戻り、民主国家に変えるように力を貸す決意をするヒロインです。

この陰謀というか、政治的な話と、ヒーローとヒロインのロマンスの2本立てなのですが・・・・。
ハーレクインコミックスでこの政治の話というのが無理があるかなと。
あまりにもご都合主義というか、あっけなく話が片付いていくので、興ざめします。

そして、2人のロマンスもなんか盛り上がりに欠けます。
惹かれあっている様子もイマイチ見えなくて・・・・。

この話で犬だけがとっても可愛くてよかったです。

▼デジコミ、立ち読みならプリンセスはひとりぼっち
▼電子貸本、立ち読みならプリンセスはひとりぼっち
▼漫画本ならプリンセスはひとりぼっち (HQ comics ツ 2-2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*