プリンセスの秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プリンセスの秘密
著作:麻生歩 
原作:アン・マリー・ウィンストン
シリーズ:世紀のウエディング(プリンセスの初恋プリンセスのためらいプリンセスにお手上げ、プリンセスの秘密、プリンスと虹色の指輪
満足度:★★★★☆

<プリンセスの秘密 のあらすじ>
ウィンボロー王国・第二王女エリザベス。 彼女は、生き別れた兄と、 舞踏会で情熱的な一夜を過ごした「運命の人」レイフを探すため一人、 アメリカの地に降り立っていた。 今やレイフはお腹の子の父親でもある。 再会に胸ときめかせていたエリザベスだったが、 やっと出会えたレイフの態度は冷たいもので・・・。


<プリンセスの秘密 の感想>
世紀のウエディングシリーズ4作目は次女がヒロインに。

ヒロインは慈善行事のためにアメリカにきましたが、その目的は2つ。一つは行方府目に兄をさがすため、もうひとつは舞踏会で情熱的な一夜を過ごしたヒーローを探すため。ヒーローの残した名刺を頼りにヒーローを探し当てますが、その名刺は偶然、落としたもの。
さらに、ヒーローは政略結婚する気はないとヒロインに告げます。

勘違いしているヒーローに、妊娠したことがばれてしまうヒロイン。
結局、話し合いのため、ヒーローのもとで過ごすことに。

一緒に過ごすうちに、お互いを知り、愛を深めます。問題はヒーロー側に。ヒーローは父を嫌い、称号を捨てアメリカでいきています。昔から父がヒロインたち姉妹の一人と結婚させたがっていたため、どうしても父親の政略結婚だと勘違いしています。
本当に最後の方まで、さらには、王位継承問題でヒロインが自分に近づいたりと。

いちずに愛しているヒロインをこの疑り深さから、ヒーローは何度も傷つけてしまいます。それでも、ヒーローを愛するヒロインはけなげ。
徐々にヒーローも愛を知っていきます。

そうそう兄探しのエピソードはほとんどなし。ちょこっとでてくるだけなので、その分2人のロマンスに集中できてます

▼デジコミ、立ち読みならプリンセスの秘密

▼電子貸本、立ち読みならプリンセスの秘密

▼漫画本ならプリンセスにお手上げ−世紀のウエディングIII (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*