花嫁の値段:小林博美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

タイトル:花嫁の値段
著者:小林博美
原作:ミシェル・リード
満足度:★★★★★

花嫁の値段のあらすじ
資産家の娘・ミアは、兄が交通事故でなくなったことにより、跡継ぎを望む父により契約結婚を強いられます。
父は、実業家のアレクサンダーに、「二人の間に男児が生まれたら、その子を父に渡し、アレクサンダーは、エーゲ海の島を手に入れる」という契約を申しでます。
父の言いなりに契約結婚をするミアに、彼は、嫌悪の目を向けるが、ミアはある事情により、父の命令にさからえず・・。
が、もちろんそんな事情をしらないヒーローは、ヒロインの言った金目当てでの結婚と信じ、ヒロインを軽蔑。結婚生活後もヒーローは、ヒロインに冷たくあたり、さらに他に女がいるような雰囲気までも・・・。
が、ヒロインの妊娠により、ヒーローも優しくなり、暖かな結婚生活がスタート。
あることを機に、ヒロインの過去と事情をしったヒーロー。その後、ヒーローは、ヒロインとその幸せのためにある決断を。


花嫁の値段の感想
初めて読んだハーレクインコミックです。記念すべき第一作でしょうか。
というか、この作品によって、ハーレクインコミックに、はまってしまったのですが・・・。

いろんなことにけなげに耐えるヒロイン。実は、過去があるので、ピュアなヒロインではないんです。
でも、この過去がないと話の最後がなりたたないのですが・・・。

初めてハーレクインコミックを読んだので、妊娠した後の幸せな描写で「あれ?ここで幸せになてしまっていいの??」なんて思っていたのです。
しかし、そこはハーレクイン、ちゃんと最後のハッピーエンドに行く前に、きちんと一モメありました。

また、こういうのを契約結婚物と呼ぶことも後で知りました。
契約結婚ですが、最後には愛のある結婚に。そして、耐えるだけで幸せのなかったヒロインがヒーローによって幸せになる。
なんかロマンスあふれる話でした。

そうそう小林博美の絵も、ストーリーとあっていてgood!
最初のころの感情を表に出さないヒロインが変わっていく様などが、うまく描かれています。

・漫画本なら花嫁の値段
・今すぐ読める電子書籍なら、花嫁の値段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*