王様のキス:小林博美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

王様のキス
著者:小林博美
原作:バーバラ・カートランド
満足度:★★★★☆

<王様のキスのあらすじ>

女王に命じられた望まぬ結婚。嫁ぐ国はイギリスとフランスの間で揺れる政情不安定な小国、相手は会ったこともないその国の王。けれど、一目見た瞬間からアナスターシャの恋は始まった。イギリス王室に押し付けられた花嫁には、決して愛を返してはくれないと分かっている、かの王に……!


<王様のキスの感想>
ヒロインの母はイギリス女王のイトコで、父はある公国の大公で亡くなられたため、イギリスに戻ってきて生活しています。そして、ヒロインと会ったことのないヒーローとの政略結婚が決まります。
悩む
(といっても、選択肢はないにひとしいけど)ヒロインですが、国のために役に立ちたい、宮殿で生きていくよりも変化を求め結婚することに。
といっても、そこはイギリスとフランスの政治的思惑、さらにはヒーローはフランス贔屓でパリの女性が好み、前途多難で。

が、ヒロインは聡明で誠実。旅の間にも味方を作っていきます。そして、その聡明さから国民の心をとらえ、ヒーローの危機を救います。

2人のロマンスに関しては、ヒロインはあった時から惹かれていますが、愛し合うまでは本当の夫婦にはなりたくないと。そして、それに応える誠実なヒーロー。(といっても、ヒーロー、実は不倫していたんですが)
ヒロインと会い、変わっていく姿がカッコイイです。

▼デジコミ・立ち読みならebookjapan→王様のキス
▼電子貸本・立ち読みならRenta→王様のキス
▼漫画本ならアマゾン→王様のキス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*