王との愛なき結婚:橋本多佳子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

王との愛なき結婚<王宮のスキャンダルI>
著者:橋本多佳子
原作:ジェニファー・ルイス
満足度:★★★☆☆

<王との愛なき結婚のあらすじ>

国王が急逝した環太平洋の小島ラヒリ王国。しきたりでは残された王妃ラニは、王の弟と結婚しなくてはならない。国王との結婚でさえ自分の意志を踏みにじられたものだったのに今度はその弟となんて…。義弟アルンはハリウッドで映画監督をしていてゴシップ誌をにぎわす世界的プレイボーイだ。急遽帰国した彼も乗り気でなく、冷たく罵られる。しかし、戯れにされた強引なキスはラニの身体を熱帯の暑さにも似た欲望で貫く。彼に言えない秘密をもったまま縁談は進み…!?


<王との愛なき結婚の感想>
最初の設定が設定で、ちょっとあまりにもないだろうという思いで読み始めたのですが、徐々にその設定も気にならず、面白く読めました。
その設定が、国王がなくなり、次の国王はその残された妻と結婚しなければいけないというもの。

ヒロインは平民出身で見初められ結婚しますが、結婚生活は幸せでなく、夫の死にほっとしてしまうわけです。
が、国の掟により、王の弟と結婚しなければならなくなるわけです。しかし、この弟のヒーローは映画監督で。とりあえず国に戻ってきます。
お互い結婚する気もないのですが、ヒロインは立場上、結婚を断れるはずもなく、ヒーローのほうもヒロインにひかれていて・・・。

お互いを思いやる姿が好印象に2人。特にヒロインは最初はか弱い、守ってあげなければという感じが最初はします。
が、ヒーローとの愛を育む過程において、徐々に成長していき、最後には大人の女性に。
成長を感じ、好感が持てます。

ヒーローはプレーボーイのためか、ヒロインには何かとやさしく、素敵。
こんな気遣いされたら、惚れちゃうよね、って感じでした。

一言で言うと、他人からは幸せな結婚をしていたように思われていたヒロインが、夫の死により、義弟であるヒーローと真の愛を見つける物語です。不幸な結婚生活に耐えてきたヒロインが、ヒーローに惹かれていく様子がセクシーに描かれていて一気に読めます。

▼デジコミ・立ち読みならebookjapan→王との愛なき結婚
▼電子貸本・立ち読みならRenta→王との愛なき結婚
▼電子書籍なら楽天kobo→王との愛なき結婚【電子書籍】[ 橋本多佳子 ]
▼電子書籍ならKindle(アマゾン)→王との愛なき結婚 (ハーレクインコミックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*