面影を求めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

面影を求めて
著作:宮本果林 
原作:ゲイル・ウィルソン
満足度:★★★★☆

<面影を求めてのあらすじ>
17歳のエマは、お金持ちの結婚相手を見つけるという一族の期待を背負い、社交シーズンのロンドンに向かっていた。ある夜、エマは見知らぬ男性に声をかけられる。整った顔立ち、カールした黒髪、青い瞳…エマはたちまち恋に落ち、初めて口づけをかわした。12年後、未亡人となったエマは継娘の縁談のためグレイストン伯爵家を訪れた。伯爵の弟がお相手なのだが、なぜか伯爵は姿を現さない。その滞在中、偶然エマは肖像画のなかに、あの懐かしい男性の姿を見つけた…!!


<面影を求めての感想>
一族のために金持ちの男性をつかまえなければならないヒロイン。ロンドンに行く途中で数時間あっただけの男性が初恋の相手。
そして、12年後に、義理の娘の結婚の関係で伯爵家に。
そこで初恋の人に再会。が、彼には・・・・。

最初のうちはあまり面白くないのです。だって12年前に一度、それも少し会っただけの相手。まぁ一度キスしただけの相手を思い続けるってどうなんだろうって。そんなことを思っていたのですが、読む進めるうちになんか物語りに引き込まれていきます。

ヒーローとヒロインの恋と、ヒロインの義理の娘とヒーロー弟の婚約話も同時に進んで行きます。
身分とかが絡んでくるので、愛があればとは簡単にはいかず。
アメリカに駆け落ちまで考える若い2人です。思わず応援したくなります。

ヒーローとヒロインの方は最初、伯爵がヒーローとは分からず。が、肖像がを見て気づくなど話の持って行き方がうまなぁ~と。
ヒーローとヒロインが年がある程度行っているせいか、大人のロマンスで、初恋から現実の大人になった後の状況を受け入れ、愛し合って行く感じでよかったです。
でも、アメリカに行かなきゃ駄目なんでしょうか?普通に2人が結婚ってできないのか、ちょっと不思議。

▼デジコミ、立ち読みなら面影を求めて
▼電子貸本、立ち読みなら面影を求めて
▼漫画本なら面影を求めて (HQ comics ミ 2-3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*