億万長者の秘密の家政婦:秋乃ななみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

億万長者の秘密の家政婦
著者:秋乃ななみ
原作者:ミシェル・セルマー
満足度:★★★☆☆

<億万長者の秘密の家政婦のあらすじ>

令嬢イザベルは15年前、家政婦の息子エミリオに身分違いの恋をし、駆け落ちの約束をしたが、寸前になってそれを裏切る形になってしまった。その後ふたりの境遇は逆転し、イザベルはエミリオに家政婦として雇われることに。だが彼は意外にも、お嬢様育ちで失敗ばかりの彼女にやさしい心遣いを見せる。私が恋をした少年はまだ存在しているの? 甘い思いが胸にこみあげるが、イザベルは知らなかった。エミリオが彼女を誘惑したあと無残に捨てようと企んでいることに!


<億万長者の秘密の家政婦の感想>
ヒロインの家の家政婦の息子だったヒーロー。ヒロインは12歳の時からヒーローが好きで同じ大学になったことをきっかけに、話しかけ、恋人になります。
もちろんそれは秘密の恋で、卒業したら駆け落ちすることになっていますが、駆け落ち寸前にヒロインは年上の裕福な男性と結婚。ヒーローの母親も家政婦を首になり・・・。

そんな過去があるヒロインはヒロイン夫の詐欺事件の関係で窮地に陥り、今は成功したヒーローに助けを求めます。
ヒーローは30日間、ヒロインが家政婦として住み込みするなら、助けるという条件をだし、ヒロインは母親のこととかがあり仕方なく条件をのむことに。母親思いの優しい女性のようで。

家政婦として働き始めたヒロインですが、もともとお嬢様、その後もお金持ちと結婚したため、家事がまったくできない。復讐したいヒーローですが、逆にヒロインの料理とか食べて体調とかを崩すのではと心配になるほど。
それでも、一生懸命にがんばるヒロインが健気なんです。きっとヒーローは自分に対して、恨んでいる、復讐したいとわかっていはいるんですよね。
そして、ヒーローも復讐したいと思いつつ、ヒロインへの感情があり、復讐ができない。なんか素敵な男性なんですよね。

事件のことや過去のヒロインに起きたこと等が徐々にわかってくるのですが、そうするとさらに、2人を応援したくなってしまいます。
幸せになってほしいと思える2人なんですよね。

▼デジコミ・立ち読みならebookjapan→億万長者の秘密の家政婦
▼電子貸本・立ち読みならRenta→億万長者の秘密の家政婦
▼電子書籍なら楽天kobo→億万長者の秘密の家政婦【電子書籍】[ 秋乃ななみ ]
▼電子書籍ならKindle(アマゾン)→億万長者の秘密の家政婦 (ハーレクインコミックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*