野に咲く白薔薇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

野に咲く白薔薇 全2巻
著作:日高七緒 
原作:トーリ・フィリップス
シリーズ:キャヴェンディッシュ家の物語(野に咲く白薔薇、貴婦人修行、沈黙の騎士身代わりの婚約者ハロウィーンの奇跡
満足度;★★★★★

 

野に咲く白薔薇のあらすじ
アリシアは7歳の時、10年後に夫となる7つ年上の少年に出会った。一目で彼女の心をとらえたその少年の名はトーマス・キャベンディッシュ。しかし、“運命の出会い”はアリシアの想いとは関係なく、婿探しに奔走する義父が彼に白羽の矢を立てた結果だったのだ!! 彼女に流れる血の運命から彼女の身を守るために・・・。

野に咲く白薔薇の感想
キャヴェンディッシュ家の物語シリーズの3作目で「身代わりの婚約者」と、「沈黙に騎士」のヒーロー達の両親のロマンス話になります。
とりあえず読んだこのシリーズの中で一番面白かったです。

ヒロインの出生の秘密により、ヒーローとの結婚を親同士が決めます。

ヒーローは、3男。本来ならば伯爵になる身ではないのですが、父や兄達が相次いで亡くなり、残されたのは、次男の妻とヒーロー、そして妹のみ。ヒーローがその地位を受け継ぎます。
ヒロインの方も、事情が変わり、約束のときよりも早く、結婚のために城に来ます。
しかし、ヒーローの兄嫁は城に居座りたい。出来れば、ヒーローと結婚したいと。ヒロインを追い出そうと、あの手この手を使ってきます。まぁ、ヒーロー妹があっちこっちでいろいろ覗き見しているのが役にたち、追い出すことに成功するのですが・・・。

今回のヒーローは、なかなか口下手なところがあり、自分の気持ちをいえない。さらには、何かというと、犬とともに森に逃げ込みます。
本当は頭もいいのですが、目立ちたくないために、無口でいるそう。妹には優しく、結構、色々とはなすようです。が、ヒロインの前になると、話せない・・・・。

なかなか自分の気持ちを素直にいえないからと、すっごい素敵なラブレターを書くヒーロー。しかし、手紙には署名なしで、ヒロインのベットなどに忍ばせておきます。ヒロインは誰がくれたかわかりません。
ヒーローにつれない態度を取られるので、ヒロインは自分のことなど、ヒーローがこれっぽちも思っていないと、思い込みます。

ヒーローがナイスなキャラで、突っ込み所ありすぎ。
上記の手紙の件もそうですし、こんなときまで狩に行かなくてもというときでも狩にいき、初夜となるべきときでさえ、大酒のんで眠りこけてるし・・・。
従者のアンドリューやヒーロー妹のメアリーなどのキャラも面白いです。ライバルとなる、ヒーローの兄嫁もキャラが立っています。さらには、ヒーローが従えている犬も可愛い。一番、印象が薄いのがヒロインかも。

▼漫画本なら、野に咲く白薔薇 1 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)野に咲く白薔薇 2 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

▼立ち読み、デジコミなら野に咲く白薔薇 (1)野に咲く白薔薇 (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*