マイ・フェア・ジェントルマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

マイ・フェア・ジェントルマン 全2巻
著作:橋本多佳子 
原作:ジャン・フリード
満足度:★★★☆☆

<マイ・フェア・ジェントルマンのあらすじ>
怪しげな賭博上。精油所帰りの男たち。キャサリンは身のすくむ想いで婚約者の隣にいた。「えーい、持ってけ!」黒っぽい髪の大男が大声をあげ、服を脱ぎだした。婚約者が囁く。「アレにしよう」キャサリンは覚悟を決め、男に近づいた。無謀な賭けだけど勝つしかない。1ヶ月であの人を立派な紳士に変えてみせるわ・・・。

 


<マイ・フェア・ジェントルマンの感想>
マイ・フェア・ジェントルマンは、映画「マイ フェア レディ」の逆バージョン、女性が男性を紳士に育てるお話です。
自分のクリニックを持ちたいヒロインは婚約者とかけをします。父親は学者で、「品性は生まれもったもの」と考えています。が、ヒロインはこれを否定していて、違うことを証明しようと。
そこで、ある男性を紳士にしたてようというかけになり、その白羽の矢がたったのが元大リーガーのヒーローです。

こういう考え自体が上から目線なんではないでしょうかと、思わずにはいられませんでした。それに、最初の方は、ヒロイン上流階級まんまの考えをして、それをヒーローに言ってしまうときもありましたので。
ただ、だんだん話が進むうちにつれ、それもなくなりまうし、ヒロイン自体が父親のそういう考えの犠牲者だというのもわかってきます。

レッスンをしていくうちにどんどん紳士になっていくヒーローにヒロインは惹かれていきます。が、婚約者のいる身。
ヒーローも変わっていきますが、ヒロインもヒーローの影響で変わっていきます。最初のうちは髪をひっつめ、服も黒であまり魅力がない。だけど、どんどん女性的魅力があふれる女性になっていきます。

今回の話で、最初のうち、婚約者はいやな奴ぽいのです。が、実はそんなことなくて、ヒーローとスポーツ談義で仲良くなったりとか、最後の方もね、結構いい人でした。
結局、いやな奴はヒロインの父のみで、彼は最後は改心したのでしょうか。

▼デジコミ、立ち読みならマイ・フェア・ジェントルマン (1)マイ・フェア・ジェントルマン (2)
▼電子貸本、立ち読みならマイ・フェア・ジェントルマン
▼漫画本ならマイ・フェア・ジェントルマン 1 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)マイ・フェア・ジェントルマン 2 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*