魅惑の花嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

魅惑の花嫁
著者: 原 ちえこ
原作者:スーザン・マレリー
シリーズ:魅惑の兄弟(魅惑の花嫁、誇り高き結婚)
満足度:★★★★☆

< 誇り高き結婚のあらすじ>
「条件がある。僕と便宜上の結婚をしてほしい。君ならベッドをともにする心配もないから」ルーカスの言葉に元教師のエミリーは唖然とした。職を失ったばかりの彼女は、開拓途上のこの西部の町でホテルを開きたいと、ルーカスのもつ酒場の2階を借りに来たのだが、聞けば彼は、遺産相続のため至急結婚相手を探しているという。この結婚は単なるビジネスだと彼は言うが…。ひっつめ髪の自分がいかに魅力に乏しいか、そんな無慈悲な言い方で聞きたくなかったわ!


< 誇り高き結婚の感想>
珍しく原作から漫画と読みました。(いつもは漫画を読み、面白そうと原作を読むパターンが多いです)
原作と漫画がの印象が同じ。こうだと安心して原作漫画へと読めます。

ヒロインは一人で生きていこうと考え教師になりました。教えていた生徒たちがいなくなり、今度はホテルを経営。そこで資金をため、女性達の学校を開きたいと言う夢を持っています。
ヒロインはホテル経営のため、ヒーローに場所を借りようと話をきにします。

ヒーローのほうは兄とともにおじさんのもとで育ちます。牧場経営という夢を持っています。もう少しで夢がかなうと言う時、オジサンが亡くなります。その遺言で結婚しないと遺産を相続できない。早急に結婚相手が必要で、新聞広告にも載せるが反応はなし。
そんなときにヒロインがあらわれ、ヒーローは契約結婚を申し込みます。

契約結婚し、徐々に惹かれあう2人です。が、ヒロインは容姿にコンプレックスがあり、ヒーローは自分の過去の出来事からなかなか前に進めません。
ヒーローの最初のほうの何気ない一言で気づ付いたりしているヒロインなんですが、それを表には見せない強さもあります。
そして何よりも健気なヒロイン。
ヒーローを少しでも振り向かせたいと、洋服や髪形を変えたりと。
小説のほうはもっともっとヒロインの健気なエピソードや親切エピソードが載っているので、少し、先入観があって読んでしまったのもありますが。
ヒロインを応援しつつ読み進んでしまう、そんな話でした。

▼デジコミ、立ち読みなら、魅惑の花嫁
▼電子貸本、立ち読みなら、魅惑の花嫁
▼漫画本なら、魅惑の花嫁 (ハーレクインコミックス・キララ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*