見せかけの恋人:上杉可南子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

見せかけの恋人
著者:上杉可南子
原作:キャシー・ウィリアムズ
満足度:★★★★☆

<見せかけの恋人のあらすじ>

イラストレーターになる夢を叶えるため、学費稼ぎに昼も夜も仕事をかけもちしている貧乏娘ヘザー。人並みのロマンスも諦め、休む暇なく働く毎日――。ところがある日、夜間の清掃バイト中にヘザーは気を失って倒れてしまう。原因はなんとお腹の空きすぎ! 最低限の生活で削れるのは食費しかなかったのだ。意識を取り戻すと、彼女は憧れのイケメン社長テオ・ミケルに抱きかかえられていた。セクシーな冷血漢と崇められるあの人にこんな惨めな姿を見られるなんて!


<見せかけの恋人の感想>
夜間の掃除の仕事中に倒れたヒロイン。そこを助けてくれたのはその会社社長のヒーロー。
ヒーローが体調が悪いからヒロインは働けないと、ヒロインの清掃会社に電話したら...ヒロインは首に。
責任を感じたヒーローはヒロインを食事に連れて行き、家に送っていくことに。

これで会うこともないと思った2人ですが、ヒーロー家の家政婦が事情により急遽、やめることに。ヒーローはヒロインに家政婦の仕事をオファーします。
家政婦として働くには、ヒーローのことを好きになってはいけないという条件が。
もうこの時点でヒーローのことが好きになっているヒロイン。気持ちを隠しながら生活をしていきます。
そして、ヒーロー母が訪れたことで恋人と誤解され、さらに説明で母親と話したヒーローは結婚前提の恋人だと言ってしまい・・・。

ヒロインはよく食べ、明るく、可愛い感じ。いつかは自分と愛し合う人に出会えると信じているタイプ。
が、逆にヒーローは恋愛なんてありえない、他人と愛を分かち合うことなんてない!と考えているタイプ。二人は全くの真逆。
ヒロインはすぐにヒーローのことが好きになり恋に落ちます。しかし、ヒーローはヒロインへの気持ちに全く気づかない。自分の気持ちに全然気がつかなさが、もう、鈍感そのもの。
あまりにも鈍感すぎて、突っこむよりも大丈夫なんだろうかと心配になるほどでした。あれで社長業とか大丈夫だんだろうか?

上杉先生ですから、コメディぽく、そして押さえるところは押さえたラブコメ調です。
ラブコメ度合いが高いので、苦手な方もいるかなとは思いますが、私的にツボでした。

▼デジコミ・立ち読みならebookjapan→見せかけの恋人
▼電子貸本・立ち読みならRenta→見せかけの恋人
▼電子書籍なら楽天kobo→見せかけの恋人-【電子書籍】
▼電子書籍ならKindle(アマゾン)→見せかけの恋人 (ハーレクインコミックス)
▼漫画本ならアマゾン→見せかけの恋人 (ハーレクインコミックス・キララ)
▼漫画本なら楽天ブックス→【送料無料】見せかけの恋人 [ 上杉可南子 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*