まろやかに酔いしれて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

まろやかに酔いしれて
著者:上杉可南子
原作者:ジーナ・ハント
満足度:★★★☆☆1

まろやかに酔いしれてのあらすじ
ダイアナは代々受け継がれてきたワイン醸造所を経営している。ある日、妹のリサが一人の男性をフィアンセとして紹介した。なんと彼は6年前に愛しあい、ダイアナを捨て去ったジェイミーだった!今でも彼を愛していると気づいたダイアナは…!?


まろやかに酔いしれての感想
妹が婚約者を連れてきますが、それは、ヒロインの元恋人。
父親によって別れされられたのですが、ヒロインは具体的にどうんなことがあったのか、わかりません。
なので、いまさらヒロイン一家の前にあらわれたヒーローが復讐すると思っていて・・・。

当たり前のようにヒロインのとこの経営はうまくいっていなくて、ヒーローが最後の頼みの綱。
そこにヒーローが漬けこんでという展開になりますが、ヒーローが復讐したいのか、まだ気持ちがあるのか、全然、わかりません。
もう少しヒーローの気持ちの描写がないと、最後がなんか唐突で。途中で、もっとヒーローの揺れ動く感情のシーンがあっって欲しかったかな。

上杉可南子先生だとちょっとコメディタッチになることがありますが、今回、そこはヒロイン妹達が担当していた感じ。ヒロイン妹の恋が楽しめました。

今回、なんだかヒロインもヒーローの気持ちの書き込みも少なく、妹もいろいろ考え行動しているようなのですが、そういうこともちょこっと中途に書かれているだけで。なんか、全体的に中途半端な書き込みになっているような。原作のエピソードを削るうえで仕方ないのかもしれませんが。

▼漫画本なら、まろやかに酔いしれて (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*