この恋、絶体絶命!:真崎春望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この恋、絶体絶命!
著作:真崎春望 原作:ダイアナ・パーマー
シリーズ:テキサス探偵物語(この恋、絶体絶命!、この恋、揺れて…この恋、勝負あり?
満足度:★★★★☆

<この恋、絶体絶命!のあらすじ>
3年まえ、義兄妹になるはずだったデインとテス。しかし、彼らの両親は挙式直前にして事故死・・・。それ以来二人は、微妙な関係を保ちながら接している。デインはテスに自分の私立探偵事務所で秘書の仕事をさせ、危険から遠ざけてきた。それなのに、テスは偶然麻薬の取り引き現場を目撃して撃たれてしまい!?


<この恋、絶体絶命!の感想>
ヒロインとヒーローは両親が結婚する予定でしたが、式直前に2人とも事故死してしまいます。
ヒロインはヒーローに一目ぼれしていましたが、両親が亡くなった後は、ヒーローがヒロインの親代わりに。

一度、ヒーローがヒロインを強引に抱き寄せてしまったことから、ヒロインはヒーローのそばによれないくらい怖い。それでも、ヒーローの秘書として働いてきました。

ヒロインは偶然、麻薬の取り引き現場を目撃して、撃たれてしまいます。犯人は逃げ、ヒロインは一命は取りとめます。しかし、証人として狙われている可能があるため、退院後はヒーローの牧場で過ごすことに。

ヒーローとヒロインの過去はなんとなく似ています。が男女の差なのでしょうか、180度違うように育ってしまいました。
ヒーローは過去のトラウマから愛が分からない。だれもがヒーローのヒロインへの愛を確信しているのに。

ヒロインはけなげです。できるだけヒーローと対等でいたいと思い、探偵の仕事をしたいと思ったり、子供ができても責任から結婚となりたくないためいヒーローには言わず、行方をくらます。体が危険な状態と医者に言われても、ヒーローを頼ろうとはしません。
ある意味、すごいですヒロインは。探偵事務所の面々がなかなかヒロインを見つけられないんですから。

さて、再会してもどちらも相手の気持ちを誤解しているのが、つらいですね。やっと自分の気持ちにきずいたヒーローなのに、その気持ちをなかなか言えない。
なんでこんな時に限って、ヒーローてば言葉がないんでしょうか。

▼デジコミ、立ち読みならこの恋、絶体絶命! 【テキサス探偵物語I】
▼電子貸本、立ち読みならこの恋、絶体絶命!
▼漫画本ならこの恋、絶体絶命!−テキサス探偵物語1(エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*