この恋、勝負あり? :真崎春望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この恋、勝負あり?
著作:真崎春望 
原作:ダイアナ・パーマー
シリーズ:テキサス探偵物語(この恋、絶体絶命!この恋、揺れて…、この恋、勝負あり? )
満足度:★★★☆☆

<この恋、勝負あり? のあらすじ>
「私を首にしたくせに、今更何よ!」 2週間前に探偵事務所に転職したキットは憤慨した。元上司のローガンが、新しい秘書が使い物にならないから戻ってきてほしいと言うのだ。そんな 時、放浪癖のある彼の母親が行方不明になり、彼女の初仕事として捜索が命じられる。しかし、それが彼との愛のきっかけになり・・・!?


<この恋、勝負あり? の感想>
テキサス探偵物語3になります。
新しく探偵事務所で働くことになったヒロインは、元上司のヒーローのことが好き。が、彼の女性問題に口を出したために、もめて彼のもとをやめることに。
上司と秘書というか、上司と元秘書の関係でのロマンスに。

ヒーローの母親が行方不明になり、探偵事務所に捜索を依頼。ヒロインがその捜索を担当します。
ヒーローのいとこのもとにいることを突き止め尋ねます。が、ヒーローはいとこが女性ならだれかまわず口説くのを知っていますので、ヒロインの身を案じて、いとこのところに自分もかけつけます。
そこで、やっとヒロインの気持ちにきずくヒーロー。遅い!!自分の気持ちも気づくの遅い。でも気付いた後の行動が、大変速くてビックリ。
その行動でも、ヒロインを振り回します。
ヒーロー母に説教されて、やっと自分の非をきずくのは、やっぱり人の気持ちの鈍感なヒーローなんでしょうか。

さて、ちょっと話がずれますが、ヒーローいとこが訳ありで、ヒーローの新秘書と因縁があります。
が、本筋から離れているし、漫画化するときに、カットしてもいいエピソードではと思ったのです。
もしかして、このシリーズで別にヒーロー、ヒロインになっているのかと思い調べたら、やっぱりなっているよう。ただ、シリーズは「テキサスの恋」で、10作目の「夢からさめたら」ようです。
漫画化はされていないのかな?
漫画本はなかったので、また、真崎春望で漫画化してほしいな。

▼デジコミ、立ち読みならこの恋、勝負あり? 【テキサス探偵物語III】
▼電子貸本、立ち読みならこの恋、勝負あり?
▼漫画本ならこの恋、勝負あり?−テキサス探偵物語3(エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*