孤独なシーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

孤独なシーク
著作:星合操 
原作:アレキサンドラ・セラーズ
シリーズ:砂漠の王子たち(シークの人質、孤独なシーク、恋するシーク略奪された花嫁暗闇のシークシークのたくらみスルタンの後継ぎスルタンと踊り子スルタンの薔薇
満足度:★★★☆☆

孤独なシークのあらすじ
家庭教師として採用され、砂漠の国中央バラカットを訪れたジェーナ。 ところが、彼女を採用した生徒の父親として目の前に現れた男性は・・・ ――この国を治めるプリンス・オマール!?―― 「君には私の王女たちの家庭教師を務めてもらう」。 オマールの予想外の言葉に動揺しつつも、その影のあるまなざしに強く惹かれるジェーナ。 しかし、妻を亡くした経験から、オマールの心は氷のように閉ざされていた・・・。 ――なんとかして彼の心に触れたい―― 揺れる想いを胸に、ジェーナはある計画をたてるが!?


孤独なシークの感想
家庭教師として採用されたヒロインは、子どもたちの父親で、プリンスでもあるヒーローに心ひかれていくという、よくある話でした。

ヒロインは英語の家庭教師なんですが、完全にナニー化しています。
そのために、子供たちとヒーローのことを心配し、密かに湖の別荘へ連れ出してしまいます。
行く途中に、盗賊ジャラルに襲われ、助けに来たヒーローもけがを負ってしまいます。

なんかかなり無謀なことをしでかしたヒロインですし、ある意味、ただの英語の家庭教師なのに、すごく子供のことを気にしすぎのようで・・・・。(他の家庭教師もいて、ナニーも他にいる状態なので)
シークものですが、それよりも、家庭教師(またはナニー)と子供の父親の恋愛物でした。
この設定もよくありますね・・・。

さらに、ヒーローは心を閉ざしていて、ヒロインによってそれが変わっていくきます。
とこれまたよくあるパターンになってます。

そこに砂漠、シークが加わり、若干のあじつけをしている感じでした。

▼漫画本なら孤独なシーク―砂漠の王子たち2 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)
▼デジコミ、立ち読みなら孤独なシーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*