仮面舞踏会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

仮面舞踏会 全2巻
著作:尾方琳
原作:スーザン・マレリー
満足度:★★★☆☆

<仮面舞踏会のあらすじ>
キャシーは電話代行サービスの夜間オペレーター。もうすぐ大事な顧客から電話がかかる。投資会社オーナーで億万長者のストーン。人間嫌いとして有名な彼だが、キャシーには親しみを込めて話してくれる。会話だけの関係だけど一番楽しい時間だった。その日の夜アクシデントで彼と実際に顔を合わせるまでは――!?


<仮面舞踏会の感想>
ある意味、シンデレラストーリーでしょうか。貧乏な女性が、ヒーローに見出され、その能力を認められ、彼の援助で花開く、みたいな。

ヒロインはヒーローと仕事で電話のみ会話しています。
その会話のときのみ、現実を忘れ、違う自分になっていたヒロインです。
が、火事にあい、怪我を負ったヒロインは」ヒーローの家でお世話になることに。
リハビリしながらダイエットするヒロインは見る見るうちにキレイになります。さらに、彼の元で秘書として働くことに。

ヒーローは顔に傷があり、人前に出るのを嫌がります。また、妻を幸せに出来なかったという罪悪感からか、妻に似ているヒロインを色々助けようとします。

一緒にいるうちに、お互い引かれていきますが、ヒロインはヒーローが今でも亡き妻を愛していると思っています。自分は入り込む余地がないと。
ヒーローは、妻への罪悪感から、ヒロインへの気持ちを認められません。ヒロインに感化されながら、少しずつ変わっていくヒーローですが、最後の過去を振り切るのはかなり大変だったよう。

ヒロインは素直で明るい女性。
ヒーロー宅の家政婦もヒロインにすかれます。この家政婦はヒーローのことや前の奥様のこともよくしっているせいか、ヒロインに味方し、何かとヒーローに忠告します。家政婦がそんなことをいってもいいのかと思うくらいに。首になってもおかしくないくらい、きついことをヒーローにいいますね。
まさにそのとおりなんですが。

▼デジコミ、立ち読みなら仮面舞踏会 (1)仮面舞踏会 (2)
▼電子貸本、立ち読みなら仮面舞踏会
▼漫画本なら仮面舞踏会 1 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)仮面舞踏会 2 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*