いつも夢の中で:中村敦子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いつも夢の中で
著者:中村敦子
原作者:ダフネ・クレア
満足度:★★★☆☆

<いつも夢の中でのあらすじ>

カトリーンはパーティー会場で、登山家ザカリーの姿をひと目見て息が止まりそうになった。あの時の“彼”に似ている! 深い闇へと落ちていく私を、光の世界へと導いてくれたあの人に…。私ったら! キャラムという洗練された婚約者がいるのに。モデルならではの得意のポーカーフェイスで平静を装うカトリーンだったが、偶然がザカリーを彼女のもとにひき寄せた。そして繰り返される偶然は、確実に彼女の心を婚約者とは正反対のザカリーに向かわせていくのだった!


<いつも夢の中での感想>
モデルのヒロインは婚約者と一緒にいったパーティーで登山家のヒーローの声を聴き、昔自分を助けてくれた人ではと。声をかけ、聞こうと思いますが、聞くことができませんでした。
友達と一緒にスキーに行く予定が、相手が都合が悪くなり、一人で行くことに。
そこで、ヒーローと出会い、スキーを教えてもらいます。そして、やっとヒーローに助けてくれたかどうか聞くことができたのですが、否定されてしまいます。

その後、ヒーローが事故に会い、ヒロインは会いに行きますが、恋人と間違われてしまいます。
さらに、2人の恋愛プラスヒロインの仕事なども入ってくるので、とどんどん話が進む。話の進展が速く、ストーリーに引っ張られるように読んでしまいました。
そういう意味ではとても話のもっていき方がうまいのだと思ったのです。

が、ロマンス部分は2人の気持ちが読んでいても残らなかったです。特にヒーローの気持ちはあまり語られず、無表情に近いので、わからない。ヒロインの方の気持ちは書かれていますが、目に付くのは、嫌な女の部分ばかり。恋人と勘違いさせたまま、ヒーローの傍に居たいからと、訂正せずに、逆にヒーローを傷つけたりと。まぁ、他にもあれこれしてます、ヒロインは。
そのせいで純粋にヒーローが好きという感情に目がいきませんでした。

ヒーローの最後にだした決断も私的にはちょっとなぁ・・・と思ってしまって、展開がうまいだけに人物関係がちょっと残念でした。

▼デジコミ・立ち読みならebookjapan→いつも夢の中で
▼電子貸本・立ち読みならRenta→いつも夢の中で
▼電子書籍なら楽天kobo→いつも夢の中で【電子書籍】[ 中村敦子 ]
▼電子書籍ならKindle(アマゾン)→いつも夢の中で
▼漫画本ならアマゾン→いつも夢の中で
▼漫画本なら楽天ブックス→いつも夢の中で [ 中村敦子 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*