小さな愛の願い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

小さな愛の願い
著作:原ちえこ
原作:ベティ・ニールズ
満足度:★★★★☆

小さな愛の願いのあらすじ
養護施設で育ったヘンリエッタは、今は病院でパートとして懸命に働き、生計をたてている。ある日、病院の庭で猫を拾ったのをきっかけに、彼女は憧れの医師アダムと話す機会を得る。その後、重なるピンチを偶然アダムが救ってくれる内、彼女はアダムに心惹かれていく。でも、高名で裕福な医師と彼女では、住む世界が違いすぎて……。


小さな愛の願いの感想
原ちえこさんらしい可愛い絵と、お話も純愛、ほのぼの系で、ほっとするような話です。
優しくてけなげ、そして芯の強いヒロイン。幼い頃に事故で両親が死に、施設で育ち、今の暮らしもやっと。
そんなヒロインが幸せを掴む話で、今思うと、典型的なシンデレラストーリーかもしれませんが、読んでいると、そんな感じしません。
幸せになりたいと、強くヒロインが思っていますし、そのための行動もきちんととているからでしょうか。

特に最後の告白のシーンは、よかったです。(ネタバレになるので、どのようによかったかは書けません)
ヒロインは最初から、ヒーローにあこがれており、ヒーローもヒロインには好印象。
徐々に、会うごとに惹かれあっていく2人。純情な感じのハーレクインです。

全然関係ないですが、ヒロインは後半に、荘園屋敷で働きます。公開しているそうで、今もそうなのでしょうか?
なんか見にいきたくなります。

▼電子書籍、立ち読みなら小さな愛の願い
▼漫画本なら小さな愛の願い (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*