愛を捨てたシーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

愛を捨てたシーク
著作:岡本慶子
原作:テレサ・サウスウィック
シリーズ:砂漠の誘惑(だまされた花嫁、愛を捨てたシーク)
満足度:★★☆☆☆

愛を捨てたシークのあらすじ
ベスにとって誰よりも大切なのは双子の姉アディ。アディは少女の頃にシークと婚約させられ、期待と重責を一身に受けてきた。一方、ベスは親にほとんど相手にされることのない寂しい少女時代を送ったが、ふたりは互いを1番に信頼してこれまで生きてきたのだ。
そしていよいよシークとの初対面が迫ったとき、アディは「ほかに愛する人がいる」とベスに泣きついてきた! 愛するアディのため、ベスはアディになりすまし、砂漠の国バーハールに乗りこむが…!?


愛を捨てたシークの感想
「だまされた花嫁」のヒーローの兄が、今回のヒーローです。ちなみにこの話の中で、だまされた花嫁の2人結婚式をあげている姿があります。幸せそうでよかった!

が、実は最初、全然、シリーズ物だと気づいていないで、普通に読んでました。
漫画家さんが違うので、なんか同一人物に見えないんでよね。なんかこっちのヒーローの方がイメージでは弟のよう。
やっぱりシリーズ物は、同じ人が書いてほしいです。

話の方は、「ほかに愛する人がいる」姉のために、ヒロインが身代わりとなります。
姉のために、この婚約を取り消すように計ろうとします。が、逆にヒーローには、お互いを良く知る機会を得ようと提案され、一緒にいるうちに惹かれて行く2人。
ヒロインは、姉と差をつけられて育てられ、さらには、姉のために代役になりと、ちょっとかわいそうだし、姉は愛している人が結婚していた、自分は結婚したいからこの話をうけると。なんか自分勝手!まぁ、謝ってくれたのでいいのですが・・・。
ヒロインは過去に恋人と思っていた男性から裏切られた過去が。そして、ヒーローもある女性に騙され裏切られた経験が。今回も騙された形になるヒーローですが、「だまされた花嫁」のヒロインの言葉により真実を見出します。

なんか物足りない話にかんじました。もう少しスパイスが欲しいような。
たぶんそのスパイスは傲慢さかな?傲慢ヒーローはあまり好きでないんですが、でも、この設定なら、もっと傲慢さが欲しい!
そして、伝統を重んじる国のようですが、意外とあっさり、伝統を捨てちゃうんですよ。
ネタバレになるので、詳しく説明できないんですが、このあたりもなんだかなぁ・・・、もう少しその部分の葛藤があってもいいのでは。

▼デジコミ、立ち読みなら
愛を捨てたシーク
▼漫画本なら
愛を捨てたシーク (HQ comics オ 4-2 砂漠の誘惑 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*