船上のウエディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

船上のウエディング
著作:麻生歩 
原作:レベッカ・ウインターズ
満足度:★★★☆☆

<船上のウエディング のあらすじ>
元夫が事故に遭ったと聞いたテリは南米へと急いだ。彼の回復のために、マッサージをしようとした瞬間、人違いだと気づく! なんと彼は、元夫の雇い主で大企業の支社長ベンだった。自らの間違いに驚きと恥じらいを隠せないテリ。そんな時、彼から「僕専属の看護師となって一緒に来てくれないか?」と提案されて!?


<船上のウエディング の感想>
誤解による出会いから、ヒロインがヒーローの看護師になり、そして、婚約者のふりと、話が進んでいきますが。
普通だったら、オイオイ!っと、突っ込みを入れたくなるような設定の数々ですが、なんか話の進め方がうまくて、自然にそうなっていくかんじで、各設定も納得!でした。

ただ、ヒロインも優しく美人で、魅力。ヒーローも良い人で、あまりにもさらっと読めてしまい印象が薄いんですよね。
ヒーロー弟と結婚離婚した性悪女性が出てくるのですが、もっと2人の邪魔をするのかと思ったら、特になし。

話の起伏がちょっとすくなく、今、これを書きつつ、あまり思い出すエピソードがない!
読んでるときは、それなりにおもしろかったんですが。

▼電子書籍なら船上のウエディング(立ち読みできます)
▼漫画本なら船上のウエディング (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*