純白のウエディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

純白のウエディング
著者;藍まりと
原作:ダイアナ・パーマー
満足度;★★☆☆☆

<純白のウエディングのあらすじ>
17歳のあの夜。恋人の死という残酷な知らせに、悲しみに心ひき裂かれていたナタリーをなぐさめたのは、隣家のマッケンジーだった。年上の彼はこれまでナタリーに無関心のようだったのに、たくましい胸に抱きしめてくれ、熱くふるえる口づけでナタリーに我を忘れさせたのだった! ただ1度のキスなのに、まるで全身に彼の刻印を残されたかのような衝撃を受けたナタリー。そして彼は言った。「忘れるな。このつづきを君に教えるのは僕だ」


<純白のウエディングの感想>
この話は好き嫌いが自分の中でわかれるなと最近、気づきました。
ポイントはヒーロー。ヒーローの傲慢度が自分の中でOKだとすっごく面白いのですが、ヒーローがちょっと許せないと・・・。
今回は、ちょっと駄目でした。もうヒーローがなんかなぁ~。

目の視力がいつかなくなってしまうかもという事情があるのでヒーローは、ヒロインを拒絶する。拒絶するならとことん拒絶してほしい、なんか期待を持たせるような拒絶のしかた。
そして、誤解するヒーロー。
いい大人のはずのヒーローがヒロインを町中で面罵!いくら頭にきていても、ありえないでしょう。

ヒロインの親友と言いながら、ヒーロー妹も嫉妬で彼女にういてうそをいったりと、やっていることは酷いです。が、このヒーロー妹をはヒーローが甘やかしすぎているので、さらに腹が立ちました。
結局、街からでて行くしかないヒロインです。

最後の方で、ヒロインが刺されて・・・というのもちょっとご都合主義のようで、私的にはイヤでした。

▼電子書籍、立ち読みなら純白のウエディング
▼漫画本なら純白のウエディング (HQ comics―Passion Romance (ア2-01))

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*