いくつものジェラシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いくつものジェラシー
著作:光崎圭 
原作:ダイアナ・パーマー
関連作:宿命のパートナー
満足度:★★★☆☆

<いくつものジェラシーのあらすじ>
アントニアは父の病を知り、9年ぶりに故郷に戻った。親友に不倫の噂を流され、結婚式の前日に婚約者パウエルを奪われた、二度と戻るつもりのなかった町・・・。妻を亡くした今でも、パウエルはアントニアの不義を信じていた。会えば非難の言葉をかけあうばかりの二人。 しかし、その頃彼女にまで、病魔が忍び寄っており・・・・・・。


<いくつものジェラシー の感想>
「いくつものジェラシー 」は先に、小説を読んでいました。
そのため、小説と比べると、なんか物足りない!!ちょっと薄味というのでしょうか。
小説では、ヒーローの傲慢さに腹を立て、ヒーロー娘が不憫で涙し・・・・。

もちろん漫画単体で考えれば、うまくまとまっていると思います。
ヒーローの好感度がなぜかアップ。彼も苦悩している感じが書かれているんですよね。
そして、最後のほうはやっぱりせつない!!

■小説の感想は「いくつものジェラシー 」で

▼デジコミ、立ち読みならいくつものジェラシー
▼電子貸本、立ち読みならいくつものジェラシー
▼漫画本ならいくつものジェラシー (エメラルドコミックス ハーレクインコミックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*