愛したら異邦人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

愛したら異邦人
著作:星合操 
原作:トレイシー・シンクレア
満足度:★★★☆☆

<愛したら異邦人のあらすじ>
怖いもの知らずのフリージャーナリスト・ピッパはアラブの小国・シャリバイに単身取材に出かけた。そこがいまだにハーレムの残る絶対王政の国だと聞いて真実を確かめたくなったのだ。だが、ピッパは到着早々スパイと間違われてしまう。捕らえられた彼女を解放した国王・ミコラはなんと取材に協力する代わりに愛人のふりをしろと命じてきた!! やむを得ず「協力」する間にミコラに惹かれていくピッパはそうとは知らず宮廷の陰謀に巻き込まれていき―!?


<愛したら異邦人の感想>
星合先生らしいシーク物でした。

ジャーナリストのヒロインはスパイ容疑で逮捕されてしまいます。そこを助けてくらたのが、国王のヒーロー。
ヒロインはヒーローに取材を申し入れ、承諾をもらいます。が、大臣たちは外国人がきらいなため、ヒーローの愛人のふりが都合がよく、王宮に滞在するのが一番安心だと提案してきます。しぶしぶこれを受け入れ、王宮に滞在します。

この手のヒロイン同様に、ハーレムについて否定的に考えています。ハーレムの女性たちとも仲良くはなるのですが・・・。
が、実はこのハーレムがヒーローのものではなく、ヒーロー父のものだと知ると、ハーレムに対しての容認度がグーンと変わるヒロインが、ちょっと面白かったです。
ヒーローがハーレムで他の女性の相手をするのが、嫌だったってことでしょうかね。

ヒーローはシークぽくない、素敵な男性でした。先進的な考えを身につける必要があると、ヒーロー父が考えたため、アメリカ留学経験があります。先進的な考えたのもと、国を改革をしようとし、それに反発する勢力が宮廷の陰謀を企てます。
ヒロインはジャーナリズム魂を発揮して、この陰謀を暴こうとして・・・・。

星合先生ということもあるのでしょうが、この陰謀はちょっとちゃっちでした。でも、ヒロインの人物に対して思うこととが、コメディタッチで描かれいたりと、軽くさらっと読めるハーレクインコミックスでした。

▼デジコミ、立ち読みなら愛したら異邦人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*