秘書の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

秘書の条件
著作:長崎真央子 
原作:キャシー・ウィリアムズ
満足度:★★★☆☆

<秘書の条件のあらすじ>
ウエイトレスのシャノンは、毎朝きまって訪れる素敵な男性に朝食を運ぶのを密かな楽しみにしていた。が、客とのトラブルで店をクビに。そんな窮地を救ったのが“朝食の男性”ケインだった。大企業社長の彼はシャノンに秘書にならないかと持ちかけた。ウエイトレスを秘書に? 突然の事に驚く彼女だったが!?


<秘書の条件の感想>
ヒーローはヒロインを秘書として雇います。さらに、追加業務として、ヒーローが遅い時に、夜、娘の世話をしてほしいと頼まれます。

秘書として働き始めたヒロインのもとに、レストランを首になった原因の男性が訪ねてきます。そこで、危ない目にあいそうになります。偶然訪ねてきた、ヒーローに助けてもらいます。
ヒーローはヒロインにヒーローの家で暮らすことを提案します。もちろんヒロインは断ります。
が、ヒロインのアパートが火事になり、結局はヒーローのところでしばらくお世話になることに。

さて、ヒーローが何を考えているのか、最後の方まで全然、語られてません。感情もあまり外に出てないし・・・。
子供の心配するときなどは、ハラハラした感じがでているのですが、ヒロインへの気持ちは顔にはあらわれてない。
なので、ヒーローの気持ちがよくわからず、ヒロインとともに悩んでしまいました。

▼漫画本なら秘書の条件 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)
▼デジコミ、立ち読みなら秘書の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*