初恋はプリンスと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

初恋はプリンスと
著作:瀧川イヴ 
原作:キャスリン・ジェンセン
満足度:★★★☆☆

<初恋はプリンスと のあらすじ>
広告代理店に勤めるマリアは、誕生日に同僚達に囲まれながら居心地の悪さを感じていた。不安はみごと的中。突然、高貴な男性が彼女を迎えに現れる。しかも彼はイタリアの領主だという。 同僚達は男性経験のないマリアに“ラテン系の恋人”を贈ろうというのだ!マリアは困惑しつつも彼に導かれるままデートの誘いにのるが・・・!?


<初恋はプリンスと の感想>
ヒロインの誕生日に、同僚が贈ったプレゼントが、ラテン系の恋人。デート相手としてあらわれたのがヒーローです。
ヒーローは本当にイタリアの領主。自分が解雇した男性がアメリカで、ヒーローの家系の名を使っていると知り、アメリカに。
その後始末にヒロインのもとに彼は来ないと告げに来たのですが、ヒーローはヒロインを見て、気を変え、デートをすることに。

ヒーローはヒロインのなかの素質をみにき、ヘッドハンティングし、ヒロインは彼のもとイタリアで働くことに。

ヒーローは自分も同乗していた車の事故で妻が亡くなり、ヒーローも体と心に傷を負ってしまいます。
この心の傷をヒロインの温かな心が癒していきます。

うーん、ヒーローのヘッドハンティングはすごいですね。あんなデートくらいで彼女の能力が見極められるのかと、疑ってしまいます。
でも、ヒロインはヒーローの見込み通りに、能力を開花していくのが、すごいです。
そうそうヒーローの屋敷で仕事をしているのですが、ヒーローのイタリアの屋敷が素敵で、こんなところで仕事したら、はかどりそうと、思ってしまいました。
本編と関係ない、感想ですが。

▼デジコミ、立ち読みなら初恋はプリンスと
▼電子貸本、立ち読みなら初恋はプリンスと
▼漫画本なら初恋はプリンスと (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*