白衣に包まれて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

白衣に包まれて
著作:立花実枝子 
原作:ジェニファー・テイラー
満足度:★★★☆☆

<白衣に包まれて のあらすじ>
看護師ナタリーは、倒れた父親の代わりにパーマー製薬会社を経営せざるをえなくなった。彼女とともに国際支援組織で働いていた医師のラファティは、彼女が金もうけに走ったと誤解し、会社に押しかけ彼女を責めたて、組織に戻るよう説得した。彼は私を有能な看護師としてしか必要としていない。私はひとりの女としてラファティに求められたいのに!ナタリーは自分の思いを伝えるために、ある重要な提案をした。「1か月間、そばにいて私の仕事を見ていて!」


<白衣に包まれての感想>
ヒロインは父親の代わりに製薬会社の経営をするようになります。が、一緒に働いていた医師のヒーローは金もうけの走ったと誤解します。
大きな誤解をしているヒーローの考え方のせまさに、腹が立ちます。

お金お金というヒーローですが、ヒロインが実際に考えていることなど知りもしないで言っていて・・・・。
ヒロインは仕事の後などに、ダウンタウンのクリニックでボランティアとして働いていたりと、本質はぜんぜん変わっていません。
ヒロイン自身もヒーローが自分を女性ではなく、優秀な看護士だから愛していたと考えます。

が、ヒーローは孤児院育ちで、そのことがコンプレックスに。自分がヒロインにふさわしくないと思っています。
後半はヒーローがいかにしてこのコンプレックスから脱却できるかなんですが、あとがきに作者が描いていますが、本当にヘタレのヒーローです。
いや!ヘタレならヘタレらしくしていればいいのに、ちょっとかなり強引なときもありますし、医者として活躍しているときは素敵!!

ヒーローはヒロインに対し何がしたいのか、わかりませんでした。
ヒロイン側の気持ちを読んでいると切ないんですけどね。理由にならないような理由で拒否されているので。
ヒーローに腹が立つ漫画でした。

▼デジコミ、立ち読みなら白衣に包まれて
▼電子貸本、立ち読みなら白衣に包まれて
▼漫画本なら白衣に包まれて (HQ comics タ 2-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*