背徳のささやき:桐坂真生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

背徳のささやきの基本情報
タイトル:背徳のささやき
著者:桐坂真生
原作者:サンドラ・チャステイン
満足度:★★★★☆

背徳のささやきのあらすじ

レポーターのサニーは伝説の男性ストリッパー“シン公爵”を取材することに。謎だらけの彼を知る不動産王ライアンに情報を求めると、ライアンは不敵な笑みを浮かべながら答えた。「君を僕にくれるなら」唇を奪われ、足から力が抜けていく。ライアンは“公爵”同様、女性に人気のハンサムでセクシーな存在。つきあった女性は2週間で捨てられるという。この状況は危険すぎる。でも他にどんな手段があるの? サニーは彼の非情な申し出を受け入れるしかなくなり…?


背徳のささやきの感想
ヒロインは、TV局のレポーターで、伝説の男性ストリッパーを取材したいと思っていますが、上手くいかず。彼のことを知っているヒーローに取材を申し込みます。が、「君を僕にくれるなら」といわれてしまいます。
ヒーローから上司に話があり、2週間の密着取材をすることに。

ヒーローの慈善事業に熱を入れる姿を見たり、素顔に触れるうちに、ヒロインはどんどん惹かれていきます。
そして、シン公爵についての情報も、徐々に集まってきます。
ヒロインは、雑誌社で働いていたけど、父親に関するある事件があり、職を失い。さらに、まだ、その件を引きずっている感じ。
でも、素敵な女性なんです。ヒーローも優しくて素敵。
若干、あることから臆病にはなっているけど。

そして、まわりの人々のサポートも。
とても周りから好かれる2人で。

今回、初めて、桐坂先生の作品を読みました。絵が素敵で、お話もまとまっていて、読みやすい。
他の作品も読んでみたい作家さんでした。

▼電子書籍、立ち読みなら
Kindle(アマゾン)→背徳のささやき
Renta→背徳のささやき
ebookjapan→背徳のささやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*