不良公爵の賭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不良公爵の賭
著者:尾方琳
原作者:デボラ・シモンズ
満足度:★★★☆☆

<不良公爵の賭のあらすじ>
19世紀英国――女学校を開校しようと奮闘しているスコラスティカはある日、悪魔的な魅力をもつプレイボーイの公爵ペイガンと出会う。女性の敵と反発する彼女に、なぜか関心をもって近づいてくる公爵。実はその裏には公爵が友人とかわした、彼女を落とせるかという賭けが隠されていた! いくら聡明でも恋のなんたるかも知らない小娘を誘惑するくらい簡単だと自信満々の公爵だったが、元気で理想を追い求める19歳の彼女にふりまわされ、計算違いの展開に…!?


<不良公爵の賭
ヒロインが女学校開設のビラを配っているときに、ヒーローと知り合います。ヒーローは友人とヒロインを落とせるかどうか賭けをします。
賭けのためにヒロインに近づくヒーローです。
放蕩者だと知っても関係なくヒーローに惹かれていくヒロイン。

ヒーローも純粋なヒロインに惹かれていくのですが、そんな自分に戸惑いが生まれ。
不良公爵のはずのヒーローですが、ヒロインが悲しむ姿を見たくないと、賭けをおりるほどの真摯な対応をとろうとします。

ちなみに、ヒロインは女哲学者という名前で、ヒーローは異端者。
ヒーローの異端者の意味を知ると、とても同情するとともに、かれが放蕩者になったのも納得がいきます。
ヒロインは女哲学者という感じではないですけど。

デボラ・シモンズの原作で 尾方琳先生が漫画化ということで、期待して読んだのですが、ちょっとイマイチでした。
イマイチ、ヒロインの魅力がわからず、ヒーローがヒロインに惹かれ戸惑うのもわかるのですが、彼が放蕩者をやめるに至る気持ちの変化が納得できるようだと良かったかな。

▼デジコミ、立ち読みなら、不良公爵の賭
▼電子貸本、立ち読みなら、不良公爵の賭  
▼漫画本なら、不良公爵の賭 (ハーレクインコミックス・キララ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*