ボスは宿敵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ボスは宿敵
著作:岡本慶子
原作:ショーナ・デラコート
満足度:★★☆☆☆

<ボスは宿敵のあらすじ>
『この人が私のボス。そして・・・私の父の敵』 汚い手段を使い、父を死に追い込んだ男、ブライス。 ペイジは彼の弱点を探るため、ブライスが経営する大企業に秘書としてもぐりこむ。 だが、ブライスもまたペイジに疑惑を持ち、彼女の目的を探ろうとしていた・・・。互いに疑いを秘めたまま、いつしか危険な恋が芽生えはじめ!?


<ボスは宿敵の感想>
ヒロインは、父親の敵と思っているヒーローの秘書になります。そして、弱みを探そうと。
ヒーローはヒロインが誰か知っていました。何か企んでいると思い、秘書にして、そばに置くことに。

が、一緒に仕事をしているうちに、ヒーローのことをよく知ってしまい、自分の思っていた人とは違うことに気づき、惹かれていきます。
ヒーローの方もヒロインに惹かれていき・・・。

うーん、なんか良くある感じで、あまり面白くないです。

岡本慶子さんの絵自体は苦手なんですが、話が面白い時は気になりません。
でも、話が・・・・というときは、絵が気になってしまい、話の面白くなさを、さらにアップさせている気がします。
今回は残念かな、駄目でした。

▼デジコミ、立ち読みならボスは宿敵
▼漫画本ならボスは宿敵 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*