美女と狼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

美女と狼
著作:柴田あや子 
原作:ジュディス・ライアンズ
満足度:★★★★☆

<美女と狼のあらすじ>
猛烈な吹雪の中、アンジーは決して人前に姿を見せない謎の慈善家・ジェイソンを取材するため、山奥の館を訪れた。 扉が開き、目の前に現れた彼を見るなり、アンジーは衝撃に襲われる。 セクシーな瞳に逞しい体。そして・・・口元から頬に走る大きな傷跡。恐怖に慄く一方、彼の放つ不思議な魅力は抗い難いものがあり・・・!?


<美女と狼の感想>
孤児院の取材に訪れたヒロインは、吹雪のため、孤児院のオーナーであるヒーローの家にたどりつきます。
吹雪のために数日、ヒーローの家に滞在することになります。

徐々に打ち明けていく2人ですが、どちらも体に、心に傷を負っていて、今一歩踏み出せません。また、踏み出しても相手の拒絶にあい、それがなぜなのかわかりません。

体の傷、心の傷をもった2人が出会ったことで、それを乗り越えていくお話でした。
登場人物も少なく、あと一人、孤児院の可愛い女の子が出てきます。
これだけですし、舞台もヒーローの家のみ。
これだけなんですが、ちょっと悲しく、そして心が温まる物語です。
再生物というのでしょうか、愛も家族もあきらめていけれど、相手にあって再び見つけてという話だからでしょうか。

▼電子貸本、立ち読みなら、美女と狼
▼漫画本なら、美女と狼 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*