あなたのすべてを抱きしめて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたのすべてを抱きしめて 全2巻
著作: 秋乃ななみ
原作: 原作者:リサ・クレイパス
満足度:★★★★☆
スピンオフ:あなたを夢みて

<あなたのすべてを抱きしめてのあらすじ>
妹には本当に愛する人と幸せになってほしい…。ロンドン社交界の華リリーは妹の縁談を阻止すべく伯爵アレックスの元を訪れた。お転婆で破天荒な彼女にアレックスは心を揺さぶられる。彼女は亡くなった婚約者を想い出させる。一方リリ―も、勝気で明るい表面の裏側で人には明かせない傷をかかえており…。


<あなたのすべてを抱きしめての感想>
ある意味、はまってしまったリサ・クレイパスの壁の花シリーズの関連作。今回は、冬空に舞う堕天使とのヒロイン父の友人がヒロインになります。壁の花世代よりも一つ上の父母世代に話に。

ヒロインは婚約者から婚約破棄されたことから、親と不仲になり、おばさんと生活していましたが、そのおばも亡くなってしまいます。その彼女の元に妹の恋人が訪ねてきて、妹が婚約を告げます。妹の幸せのために、縁談を阻止しようと妹の婚約者ヒーローも元を訪ねていきます。

ヒーローの方は、婚約者を愛していましたが、落馬事故で亡くしてしまいます。後継ぎの問題から結婚を決め、その相手として、婚約者とは全然反対の女性の方がうまくいくだろと考え、従順なヒロイン妹を選びます。

ある意味、性格が似た部分のあるヒーローとヒロインなので、顔を合わすたびに対立をしながらもお互いに惹かれていきます。しかし、ヒロインにはある過去と秘密があり、そのためにとても苦労しています。
表にはその苦労が全然、見えないので、ただ勝気で奔放的な女性としか映らないのです。が、ヒーローはヒロインの裏の部分、弱い部分を知り、彼女を守りたいと。
このヒーローが自分のヒロインへの気持ちを悟った後、とてもヒロイン一途で自分の命以上にヒロインのことを考えます。このあたり、もう素敵!他のヒーローにも見習ってほしい!

さて、今回は、冬空に舞う堕天使とのヒロイン父も友人として登場。
彼もまた、ヒロインを友人以上の気持ちを持ちながら、自分では彼女を幸せに出来ないと、友人以上にはならないように身を引いています。
もう、この彼がかっこよくて!!
彼がヒーローの「あなたを夢みて」も発売されていますが、冬空に舞う堕天使とで亡くなる姿が出ていたのもあり、なんとなく読むのをためらっていたのです。
でも、今回の若かりし姿をみて、撮ってもカッコ良さそうで、読んで見たくなりました。

★追記(訂正です)★
今回のヒーローが、冬空に舞う堕天使とのヒロイン父と勘違いしていました。
冬空に舞う堕天使とのヒロイン父のライバルで別人でした。
これで心おきなく「あなたを夢みて」が読めます

また、ご指摘くださった方ありがとうございます。今後も間違いがありましたら、指摘頂けるとありがたいです。

▼漫画本なら、あなたのすべてを抱きしめて 前編 (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)あなたのすべてを抱きしめて [後編] (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメント

  1. より:

    はじめまして。こんばんは。
    いつもレビューを拝見しています。

    それでですが・・・デレクはエヴィーの父ではありません。
    エヴィーの父世代のお話なのは間違いありませんが、デレクのクラブは「クレーヴンズ」でエヴィー父の方は「ジェナーズ」です。

    「あなたを夢みて」にエヴィー父がチラッと登場していますので、探してみてくださいね。

    「あなた~」のデレクのツンデレぶりには萌えます(笑)
    ぜひお勧めいたします。

  2. クロン より:

    はじめまして。余計なお世話だったら申し訳ないのですが、
    ちょこっと勘違いされてる個所があるので、
    お知らせしたくて、コメントさせて頂きます。

    「冬空に舞う堕天使と」のヒロイン(エヴィー)のパパは、
    「あなたを夢みて」のヒーロー(デレク)ではないですよ。
    エヴィーのパパは、ジェナーズという賭博場を経営している、デレクのライバルです。

    コミックの「あなたを夢みて」は読んでないので、登場するか分かりませんが、
    原作では「あなたを夢みて」で、エヴィーパパが登場しています。
    正直、デレクのようにカッコイイ~♪というタイプでなく、
    下町出身なので品がなく、やんちゃな悪という感じです。

  3. ナツ千代 より:

    あさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。

    お父さんじゃなかったんですね。賭博場の経営ってことで、なんか勘違いしていたようです。
    すみません、後で直しておきます。

    でも、彼があのお父さんじゃないって知って、安心しました。
    これで迷っていた「あなたを夢みて」が、心おきなく読めます。

  4. ナツ千代 より:

    クロンさん
    コメントありがとうございます。

    勘違いしていたようで、ご指摘ありがとうございます。
    後で本文にも訂正文を入れておきます。

    「冬空に舞う堕天使と」原作を読んだのですが、そこで最後の方に、ある年配の人がセバスチャンをみて、ある男性を思いだすというシーンがあったのです。
    誰のことかわからなかったのですが、もしかして、それがデレクってことだったのかも。
    それなら、もう「あなたを夢みて」を読まないと!

コメントを残す

*