甘い降伏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

甘い降伏
著作:狩野真央 
原作:リズ・フィールディング
シリーズ:役員室の恋人たち(落札されたキス、甘い降伏 、誘惑の誤算
満足度:★★★☆☆

<甘い降伏 のあらすじ>
老舗百貨店を経営する三姉妹の次女・フローラを“密着調査”すべく、南の楽園へ派遣されたのは、美しき国際弁護士ブラム・ファラディ。 ゴージャスな魅力をふりまく彼に、フローラはかつての恋人を重ねずにはいられなかった・・・。 彼の優しさに騙されてはいけない・・・・・・!しかし、派手な外見とは裏腹な、紳士的でまっすぐな彼の素顔に魅かれていって!?


<甘い降伏の感想>
役員室の恋人たちというシリーズ2作目。
百貨店の経営権をめぐり争う2つの名家のお話で、1作目では密着調査で出会った2人が敵同士にも関わらず恋に落ち、結婚。
どちら側も相手が誘惑し、結婚したと思っています。

さて、今度は次女のヒロインに密着調査がつくことに。服飾学が専門のヒロインにある南の島から出土品ことを記事にしてほしいと依頼があり、南の島にいくことになります。が、密着調査のために弁護士のヒーローも一緒に行くことに。
急にヒーローが同行することになり、部屋を用意できなかったということで、2人で一緒のコテージに泊まることに。

今回のヒロインは、地味。髪もひっつめてますし、化粧もしない。だけど、髪はきれいに手入れされており、ペティギュアをしていたり、下着も高級なランジェリー。ただ、男性なれしていないのか、ヒーローと話しているとすぐ赤くなったりと純粋でヒーローは彼女のそういうところに、興味をもちます。

ヒーローの方はプレイーボーイのようですが、なにやらある写真を持っていて、ちょっと訳ありのよう。
ヒロインもどうやら過去の男性のことから、現在のように地味になったことが、チラホラでてきます。
まぁ、どちらも訳ありで、だからこそ、慎重に一歩ずつ近づいていきます。そして、お互いが相手を信頼したときに、そのことを打ち明けあいます。

南の島の雰囲気が素敵なのと、ヒロインは服飾学の専門で、どうやら百貨店は姉のためにお手伝いしているだけのよう。ヒーローもいとこに頼まれたから、しているだけなためか、あまり今回は敵同士だから・・・というのは、ありませんでした。
お話としては面白かったのですが、シリーズとして考えると、このお話はなくてもいいのではと思ってしまいました。

▼デジコミ、立ち読みなら甘い降伏
▼電子貸本、立ち読みなら甘い降伏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*