赤い薔薇は罪つくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

赤い薔薇は罪つくり
著者:文月今日子
原作者:レイ・モーガン
満足度:★★★★☆

<赤い薔薇は罪つくりのあらすじ>
ケリーはお節介の親友がセッティングしたブラインドデートに出かけた。待ち合わせの場所はダンスクラブ。目印は赤い薔薇。30分も待たされ、やっと現れた男性は、まるで命を吹き込まれたギリシアの彫像のようにゴージャスだった。彼は赤い薔薇を手に「ミス・ケリー?」と声をかけた。まさかこんな素敵な男性が! 驚くケリーをフェラーリに乗せて「CJと呼んでもかまわないかい?」と囁いた。えっ、いったいどういうこと! あなたは私のデート相手じゃないの!?


<赤い薔薇は罪つくりの感想>
ヒーローもヒロインもブラインドデートに出かけたのです。それも目印は赤い薔薇で。
お互いがその相手だと思うのですが、微妙に話がおかしい。が、ヒーローは急用ができ、ヒロインを連れ、その用事の場所に。
そこには、亡兄の子がいて、母親が行方不明になってしまっています。

ベビーシッターを雇ったヒーローですが、彼女が赤ん坊を泣かせっぱなしにしたりするので、その行為が正しいかどうか判断できなず。ヒーローはヒロインに助けを求めます。
ヒロインは過去のことから、子供にあまり関わりたくないのですが、ヒーローが本当に心配しているのを見て、助けることに。

間違いから出会った2人が、亡兄の子をめぐり、助け合ううちに惹かれていくのです。が、良い場面になると、何かしら邪魔が入る2人。
さらに、本来デートするはずだったお相手2人も登場。特にヒーローの相手だった女性はパーティーガールだったけど、もう結婚したいからと、ヒーローが欲しがっている彼女の牧場を武器にし、ヒーローを追いかけます。が、ヒロインの本来のデート相手と意気投合。
なんか憎めないキャラで、良い感じにストーリーに華を添えています。

ヒロインが心に傷を負ってはいますが、立ち直りかけていましたし、ちょっとコミカルですが、心あたたまる作品かな

▼電子貸本、立ち読みなら、赤い薔薇は罪つくり
▼漫画本なら、赤い薔薇は罪つくり (HQ comics フ 1-7)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*