愛したくないのに:横井里奈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

愛したくないのに
著者:横井里奈
原作者:アビー・グリーン
満足度:★★★☆☆

<愛したくないのにのあらすじ>

モデルのソルカがパーティー会場で紹介されたのは業界の実力者ロマン・ド・ヴァロア。かつて彼にドラッグ漬けというあらぬ疑いをかけられ、彼女はファッション界から追放された。やっとの思いで復帰した自分をロマンが会社のキャンペーン・モデルに抜擢したいと聞いて驚く。何をたくらんでいるの? 私の人生を踏みにじった高慢な彼と一緒に、世界中を飛びまわる撮影旅行なんて…。ふたりきり夜のバルコニーで彼はソルカを熱く見つめ、ささやいた。「今すぐ君が欲しい」

<愛したくないのにの感想>
ヒロインは駆け出しのモデル時代にドラッグ漬けという疑いをかけられます。その時に、ヒーローのコメントによりファッション界から追放されてしまいます。アメリカにわたり、モデルとして復帰。今度は、ヒーローの会社のキャンペーンモデルになり、その撮影のために、スタッフやヒーローと一緒に各地をまわります。

ヒーローの育った環境からドラッグに対し厳しい。今は更生しているヒロインですが、更生なんかしないと思ているから、尚更、懐疑的で厳しい態度をするんです。
でも、惹かれているから直球で「君がほしい」というヒーロー!
なんかなぁ、信じているから君がほしいとかじゃないのが、欲求に負けてるだけじゃんって思ってしまう。

厳しいわりには、スタッフに悪い、そういう噂のある人物がいたりするあたり、どうなのかと。
スタッフとかにもドラッグとかに対して、厳しくしてないとつじつまがあわない!

と、ヒーローがいまいちですが、ヒロインは素敵でした。
生き方に芯が通っている女性で、男前なのかな、弁解しないんだよね、いろいろ誤解されていても。
うん、彼女が最後の方にとった生き方も素敵で(ヒーローとのことではなくてね)
そこにちょっと感動しました。

▼デジコミ・立ち読みならebookjapan→愛したくないのに
▼電子貸本・立ち読みならRenta→愛したくないのに
▼電子書籍なら楽天kobo→愛したくないのに【電子書籍】[ アビー・グリーン ]
▼電子書籍ならKindle(アマゾン)→愛したくないのに
▼漫画本ならアマゾン→愛したくないのに
▼漫画本なら楽天ブックス→愛したくないのに [ 横井里奈 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*