愛のアラベスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

タイトル:愛のアラベスク
著作:村田順子
原作:スーザン・マレリー
シリーズ: アラビアン・ロマンス(ハーレムの夜、砂漠のウエディング)
満足度:★★★☆☆

愛のアラベスクのあらすじ
古文書翻訳の為、ハイジはアラブの王国にやってきた。だが恩人である国王に「次男と結婚してほしい」と頼まれ、プリンセスになる事に・・・。
でも男性経験がない自分に、魅力的な夫の相手が務まるのか。悩む彼女に皇太后が「愛人に変装し、彼の心を掴む」という知恵を授かる。
かくしてハイジの二重生活が始まるが・・・!?


愛のアラベスクの感想
こちらは、エル・バハール王国のプリンス3兄弟の愛を描いたシリーズ、アラビアン・ロマンスの2作目になります。
こちらも一作目に続き、面白く読めます。私としては1作目の方がすきなんですが。

簡単にあらすじを書いていくと
国王とヒロインの祖父が親友で、夏休みなどに一緒に王宮で過ごしていた仲。
祖父が亡くなったときも色々と助けてもらい、国王には恩を感じているヒロイン。
その国王や皇太后からヒーローと結婚して欲しいとヒロインは頼まれ、断れず。ヒーローもヒロインと話しているうちに好意は持ちますが、結婚までは。
しかし、国王から命令され結婚へ。

ヒーローは過去に結婚しており、そのときの傷がいえていないせいか、初夜にヒロインがいった何気ない一言にカチンときて夜の生活がない2人に。
ヒロインはそのことに悩み、皇太后に相談すると、「別人になって彼を誘惑し、愛人になり心を掴め」とアドバイスされます。

このアドバイスがどう考えたって、有効だとは思えないじゃないですか。
実際、実行するヒロイン。自分だとはばれていないつもりでも、ヒーローにはバレバレ。
さらには、事がうまくいった後には、彼のことを不実だと思ったり。
ここら辺の行動が、ちょっとおバカすぐぎる気が。男性経験がなくて、真面目、純情を通り越してるように感じてしまいました。

そして、ヒーローの方も1作目よりも印象が薄いのが、残念。

でも、コミカル調なので、楽しくは読めます。

・漫画本なら愛のアラベスク
・電子書籍なら愛のアラベスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*