裏切られた夏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

裏切られた夏
作者:真崎春望
原作:リン・グレアム
満足度:★★★★☆

裏切られた夏のあらすじ
10年前、オリンピアはギリシアで恋に落ちた。
相手は、祖父が決めた許婚・ニック。セクシーで優しく、そしてプレイボーイ。
互いに惹かれあっていると感じていたが、あらぬ疑いからニックに”浮気女”と罵られ・・・破局。
傷ついたオリンピアはギリシアを後にした。
そして今、祖父の思惑で再び二人は婚約することになり!?


裏切られた夏の感想
誤解があって破局。でも、まだお互いが愛し合っていて・・・。というお話でした。
ヒーローとヒロインのやりとりなど、ロマンス部分はかなり満足!過去のことから、反発する2人。ヒーローのちょっとした優しさを嬉しがるヒロインなどなど。
そこに、ヒーローのいとこの罠が絡んで、さらに面白くしてます。

が、なんか読むつつ、突っ込みを入れたくなるんです。
例えば、祖父とかね。最後のほうは良い味だしてましたが、最初はかなり冷酷な印象が。だって、娘(ヒロインの母)の勘当をなかなかとかないんですよ。
ヒロインを陥れたヒーローのいとことかもねぇ・・・。

それに、10年前に19歳と17歳のカップルだったらしいのですが、政略結婚するにしても若くないですか?
5年前とかではダメだったんでしょうか?
大筋の話は好きなんですが、こういう小さなツッコミが気になりました。

・電子書籍なら裏切られた夏
・漫画本なら裏切られた夏 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*