愛しくて憎い人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

愛しくて憎い人
著作:宮本果林
原作:ルーシー・ゴードン
満足度:★★★★☆

<愛しくて憎い人 のあらすじ>
―ジェイソン!私が復讐を誓った男・・・!―派遣看護師のエリノアは、新しい患者のカルテを見て、息を飲んだ。ジェイソン。それはエリノアの元婚約者の兄で、エリノアたちの関係を引き裂いた、憎い相手だった・・・!―彼が事故で失明したうえ、半身不随ですって!?― 戸惑うエリノアだったが、ある思いを胸に、この仕事を引き受ける。―正体を隠して彼を看護し、私を立派な看護師として認めさせてみせるわ!それが私の復讐よ・・・!― ところが、憎みぬいたはずのジェイソンと過ごすうち、予期せぬ想いがエリノアに芽生え始め・・・!?


<愛しくて憎い人 の感想>
宮本さんの漫画は苦手!!という時があります。
絵がゴージャスで素敵なんですが、お話がロイヤルものとかだとあまりもはまりすぎ。ハーレクインはもともと夢物語ですが、本当に夢物語で絵空事的になりすぎてしまう感じがする時があります。
しかし、今回のお話は、過去に因縁があるヒーローとヒロインの再会物で、ヒーローに仕事を認めてもらおうと頑張るヒロインで、現実的にありそうで、豪華!!という雰囲気で、苦手感がなく読めました。

ヒロインは6年前に婚約者の家に行き、婚約者の兄であるヒーローにお金目当ての女性と思われ、破局。

看護婦として働くヒロインのもとにきたあたらしい患者はあの憎いヒーロー。彼に自分を求めさせようと、看護婦として彼のもとに。
最初は憎い相手ですが、仕事で認められたいとがんばるヒロインは、だんだんヒーローが優しく真面目な人だと思うようになってきます。
お互いに惹かれあう状況で、ヒロインは自分が嘘をついていることに後ろめたさを感じるようになってきます。
まぁ、嘘といっても、自分があの少女だったこと隠しているだけなんですが・・・。本当のことを言ったら雇ってもらえなかったでしょうにね。

ヒロインが婚約したヒーロー弟が、ハーレクインの定番のような優柔不断、謝金ありのダメ男。若い時は、ヒロインも男性の見る目がなかったのでしょうが、いや、ヒーローに破局にしてもらってよかったですよ!!

▼デジコミ、立ち読みなら、愛しくて憎い人
▼電子貸本、立ち読みなら、愛しくて憎い人
▼漫画本なら、愛しくて憎い人 (エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

★ブログランキング★

ブログランキングに参加してます。応援お願いしまします。
にほんブログ村 漫画ブログ ハーレクインコミックスへ
にほんブログ村

広告

ハーレクインコミックス(ロマンス漫画)の雑誌

コメントを残す

*